米サイト選出「ホラーよりも恐ろしい非ホラー映画25本」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月18日 > 米サイト選出「ホラーよりも恐ろしい非ホラー映画25本」
メニュー

米サイト選出「ホラーよりも恐ろしい非ホラー映画25本」

2016年3月18日 21:30

「レクイエム・フォー・ドリーム」の一場面「1984」

「レクイエム・フォー・ドリーム」の一場面
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米サイトTaste of Cinemaが、「最も恐ろしい非ホラー映画25本」をピックアップした。

第1位に選ばれたのは、ダーレン・アロノフスキー監督が薬物依存によって破滅していく人間の姿を描いた衝撃作「レクイエム・フォー・ドリーム」(2000)。本作は、英エンパイア誌が2009年に発表した「落ち込む映画」ランキングの第1位を始め、鬱映画というと必ず上位に名の挙がる傑作だ。

また、「ユナイテッド93」(9.11テロ)、「コンプライアンス 服従の心理」、「アメリカン・クライム」(「隣の家の少女」シルビア・ライケンス事件)、「ゼロ・デイ」(コロンバイン高校乱射事件)、「それでも夜は明ける」、「127時間」、「ミッドナイト・エクスプレス」など実話に基づいた作品が多数ランクインしている。

トップ25は以下の通り。

1.「レクイエム・フォー・ドリーム」(2000)
2.「アレックス」(2002)
3.「パッション(2004)
4.「炎628」(1985)
5.「スレッズ」(1984)
6.「灰の記憶」(2001)
7.「ユナイテッド93」(2006)
8.「少年は残酷な弓を射る」(2011)
9.「ソドムの市(1975)
10.「コンプライアンス 服従の心理」(2012)
11.「127時間」(2010)
12.「それでも夜は明ける」(2013)
13.「ハピネス(1998)
14.「アメリカン・ヒストリーX」(1999)
15.「脱出(1972・アメリカ)」
16.「ジョニーは戦場へ行った」(1971)
17.「告発の行方」(1988)
18.「アメリカン・クライム」(2007)
19.「In the Company of Men」(1997)
20.「The Stoning of Soraya M.(ソラヤ・Mへの投石)」(2008)
21.「ゼロ・デイ」(2003)
22.「1984」(1984)
23.「ミステリアス・スキン(謎めいた肌)」(2004)
24.「時計じかけのオレンジ」(1971)
25.「ミッドナイト・エクスプレス」(1978)

レクイエム・フォー・ドリーム <HDリマスターBlu-rayスペ...[Blu-ray/ブルーレイ] レクイエム・フォー・ドリーム <HDリマスターBlu-rayスペ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 人生の岐路を彷徨う母親とヘロイン漬けの息子。そんな2人を通して現代社会の悲劇の顛末を斬新な映像で描いた、ダーレン・アロノフスキー監督が放つ衝撃のリアルホラー。
それでも夜は明ける[Blu-ray/ブルーレイ] それでも夜は明ける[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 第86回アカデミー賞作品賞受賞。“生きる”思いに魂を揺さぶられる感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi