「クレイジーケンバンド」横山剣、沖縄国際映画祭に初参加! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月15日 > 「クレイジーケンバンド」横山剣、沖縄国際映画祭に初参加!
メニュー

「クレイジーケンバンド」横山剣、沖縄国際映画祭に初参加!

2016年3月15日 13:10

「クレイジーケンバンド」の横山剣

「クレイジーケンバンド」の横山剣
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月15日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。昨年までの7年間は3月下旬に開催されてきたが、今回は初めて4月下旬にスケジュールを変更。同映画祭実行委員長の大崎洋氏は、「4月にしたのは当社の今期の予算がギリギリ。やめるわけにもいかず、『4月だと来期の予算でいけるやんか』ということになりました」とジョークを交えながら説明した。

第8回は、例年以上に規模を拡大し那覇、宜野湾、北谷、裏添え、沖縄、豊見城をはじめ県内各所で4月21~24日に行われる。昨年までオープニングセレモニーおよびレッドカーペットは、宜野湾の沖縄コンベンションセンターで大々的に開催されてきたが、今年は那覇・波の上うみそら公園へと移動。最終日の24日には封鎖された国際通りで、バラエティに富んだゲストがレッドカーペットを練り歩く。

特別上映作品として20作品(15日現在)が出品されることが決定しており、なかでも「クレイジーケンバンド」が主演、菜々緒伊原剛志中野英雄山口智充らが出演する「イイネ!イイネ!イイネ!」(門馬直人監督)には、同バンドの横山剣が本人役で出演する。「(本人だから)間違いようがないよね。それ以外の役は出来ないから」と笑う横山は、オールエンディングでライブのステージに立ち、「かりゆし58」らが結成した「島ぜんぶでおーきなバンド」とともに観客を盛り上げるという。

既に決まっている、ほかの上映作品はゴリ主演「沖縄を変えた男」、ファンキー加藤主演「サブイボマスク」、野村萬斎主演「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」、桜庭ななみ主演の日韓合作「絶壁の上のトランペット」、美輪明宏がナレーションを務める「追憶」、奈良橋陽子監督作「手をつないでかえろうよ シャングリラの向こうで」など。なお、放送局と吉本興業が共同で映画を製作する「TV DIRECTOR'S MOVIE」は、8作品の出品が決定。蛭子能収主演「任侠野郎」、竜星涼主演「Bros.マックスマン」、千原ジュニア主演「劇場版 新・ミナミの帝王」などが上映される。

さらに、これまでに多数製作されてきた沖縄を舞台にした作品を特集上映する「沖縄ヒストリカルムービー」が新設された。また、八重山地方を舞台にするGACKT主演映画「カーラヌカン」の主演女優公開オーディションが波の上うみそら公園のステージで行われる予定(日時未定)。

この日に出席した主な登壇陣は以下の通り。

横山剣中野英雄木村祐一、「千鳥」の大悟、岡崎朋美、渡辺直美門脇佳奈子、「NMB48」の白間美瑠須藤凜々花太田夢莉上西恵宮川たま子

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

  • ラ・ラ・ランドの評論 ラ・ラ・ランド アーティストの悲哀と恋愛の悲哀。2種の悲哀が絡み合って切ないドラマを生む
  • 愚行録の評論 愚行録 単なる露悪的なカリカチュアを越えた、確かなリアリティが息づいている
  • ナイスガイズ!の評論 ナイスガイズ! 1970年代的な荒っぽい見せ場と血の通ったキャラクターに胸が弾むバディ活劇
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi