池松壮亮×斎藤工、「無伴奏」で男性同士の切ないラブシーン披露! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月10日 > 池松壮亮×斎藤工、「無伴奏」で男性同士の切ないラブシーン披露!
メニュー

池松壮亮×斎藤工、「無伴奏」で男性同士の切ないラブシーン披露!

2016年3月10日 05:00

池松壮亮×斎藤工のラブシーンにドキリ「無伴奏」

池松壮亮×斎藤工のラブシーンにドキリ
(C)2015「無伴奏」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・小池真理子氏の半自叙伝的小説を成海璃子主演で映画化した「無伴奏」の場面写真が新たに公開された。男性同士の恋愛を繊細に演じた池松壮亮斎藤工が、切ないラブシーンを披露している。

映画は、学生運動が盛んだった1969年の仙台を舞台に、若者たちの恋愛と成長を描いた。池松扮する堂本渉と斎藤演じる関祐之介は、幼なじみで同居しているという間柄。渉は野間響子(成海)と恋愛関係にありながらも、祐之介と道ならぬ愛をはぐくんでいた。

公開された場面写真は、渉と祐之介の部屋を訪れた響子が、思いがけず2人が体を重ねている姿を目撃してしまう瞬間を切り取っている。ドキリとさせる妖艶なシーンでありながら、虚空を見つめる渉と祐之介のやりきれない心情が伝わってくる1枚となっている。

今作で初共演を果たした池松と斎藤は、互いの印象を「とても心がわかる人」「物事に対する優しく深い眼差しが印象的です。無伴奏という世界を構築するにあたって、かけがえのないパートナーに出会えたと思っています」(池松)、「芝居をしているのではなく、そこに渉として存在し生活されていました」「こりゃ映画に愛されるわ、と思いました」(斎藤)と語り、敬意を示した。

また、メガホンをとった矢崎仁司監督は撮影前、池松と斎藤に「響子に行為を見せるのではなく、愛をみせたい」と伝えていたといい、実際に撮影現場は「愛でムンムンしていました」と明かす。そんな2人の熱演に「『カット』の声が掛けられなかった。止めたくない、この愛をと。池松さんも斎藤さんも美しかった」と称えている。

無伴奏」は、成海、池松、斎藤のほかnon-noモデルの遠藤新菜松本若菜酒井波湖仁村紗和らが共演する。3月26日から東京・新宿シネマカリテほか全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi