岡田准一主演「海賊とよばれた男」劇中ビジュアル一挙公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月10日 > 岡田准一主演「海賊とよばれた男」劇中ビジュアル一挙公開!
メニュー

岡田准一主演「海賊とよばれた男」劇中ビジュアル一挙公開!

2016年3月10日 18:00

「海賊とよばれた男」に豪華キャストが結集!「海賊とよばれた男」

「海賊とよばれた男」に豪華キャストが結集!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡田准一主演、山崎貴監督作「海賊とよばれた男」に出演する豪華キャスト陣の劇中ビジュアルが、一挙公開された。また、公開日が12月10日に決定したことも発表された。

公開されたビジュアルのなかで目を引くのは、岡田演じる国岡鐵造と国岡商店を若き日より支え続けてきた店員たち。吉岡秀隆(東雲忠司役)、染谷将太(長谷部喜雄役)、野間口徹(柏井耕一役)、鈴木亮平(武知甲太郎役)、ピエール瀧(藤本壮平役)、小林薫(甲賀治作役)が大志を抱き、希望にあふれた眼差(まなざ)しを注ぐ姿から目を離すことができない。

さらに、鐵造を生涯思い続けながらも離ればなれになった妻・ユキに扮した綾瀬はるか、命がけでイランへの舵を取る日承丸の船長・盛田辰郎に息吹を注ぎ込んだ堤真一が、決意に満ちた表情をたたえるビジュアルも初披露。明治、大正、昭和という激動の時代を生き抜いた面々の勇姿から、本編への期待は高まるばかりだ。

2013年度本屋大賞第1位を獲得した、百田尚樹氏の同名ベストセラー小説を映画化する今作は、興行収入87億6000万円を記録した「永遠の0」(13)を大ヒットに導いた岡田と山崎監督が再タッグを組む。主人公の国岡鐵造が名もなき一青年から身を興し、やがて石油事業を通じて戦後の日本に大きな勇気と希望を与えていく姿を描いた一大抒情詩。映画では、戦後の復興から日承丸事件をクライマックスとする軸の中に、若き鐵造と仲間たちとの絆、“海賊”と呼ばれるきっかけとなった北九州・門司でのエピソード、満州での石油メジャーとの戦いなどを回想として盛り込みながら描いていく。

なお、主演・岡田のビジュアルは公式サイト(http://kaizoku-movie.jp/)に掲載中。今回発表されたビジュアルが使用されたポスターチラシは、3月12日から全国の劇場で掲出される。

(映画.com速報)
永遠の0 Blu-ray通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 永遠の0 Blu-ray通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,873 百田尚樹の同名ベストセラー小説を、「V6」の岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手がけてきた山崎貴監督のメガホンで映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ハドソン川の奇跡の評論 ハドソン川の奇跡 機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
  • 高慢と偏見とゾンビの評論 高慢と偏見とゾンビ J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
  • ある天文学者の恋文の評論 ある天文学者の恋文 名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi