竹野内豊、窪田正孝&野村周平の熱烈ラブコールに照れまくり「勢いがあっていい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月9日 > 竹野内豊、窪田正孝&野村周平の熱烈ラブコールに照れまくり「勢いがあっていい」
メニュー

竹野内豊、窪田正孝&野村周平の熱烈ラブコールに照れまくり「勢いがあっていい」

2016年3月9日 14:00

窪田正孝&野村周平にラブコールを おくられて照れ笑いの竹野内豊

窪田正孝&野村周平にラブコールを
おくられて照れ笑いの竹野内豊
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の竹野内豊窪田正孝野村周平が、資生堂の男性化粧品「uno(ウーノ)」の新CMで共演し3月9日、都内で行われた発表会に出席した。

3人は初共演で、竹野内は空港で大人への通過点となる“オトナゲート”の審査官役。ゲートに現れた2人の背中を後押しするという設定で、「2人ともいつかご一緒するチャンスがうれしいと思っていたので、共演できて良かった。彼らの本番でのスイッチの入り方はさすがだなと思いましたし、素敵なCMに仕上がった」と満足げに話した。

対する2人は終始緊張気味で、窪田は「竹野内さんの『寝ぼけているのか』というセリフで勝手にきりっとして、ゲートを通って晴れやかな気持ちになった。大人になった気分でした」と感激の面持ち。さらに、「ご挨拶をした時に、椅子を用意してくれて気さくにいろいろな話をしてくださった。光栄な時間でした」としみじみ話した。

野村にいたっては、「好きです」とストレートなラブコール。「ご挨拶をした時にボディータッチをされ、『よろしくね』の一言で恋に落ちました。それだけで十分です」と“竹野内愛”を強調した。

竹野内は、野村の肩を抱いて照れ隠しをするなど恥ずかしそうな様子。その上で、「2人ともしっかりされている。礼儀正しいし、勢いがあっていい。僕も若い時の勢いというか少年の心を忘れずに、制限しないで夢を追いかける心を持っていたいですね」と話していた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi