ジョセフ・ゴードン=レビット、「サンドマン」監督・製作・主演を降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月8日 > ジョセフ・ゴードン=レビット、「サンドマン」監督・製作・主演を降板
メニュー

ジョセフ・ゴードン=レビット、「サンドマン」監督・製作・主演を降板

2016年3月8日 12:00

ジョセフ・ゴードン=レビット「遊星からの物体X ファーストコンタクト」

ジョセフ・ゴードン=レビット
写真:REX FEATURES/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ニューライン・シネマがグラフィックノベル「サンドマン」を映画化する企画から、ジョセフ・ゴードン=レビットが降板したことが明らかになった。

監督・製作・主演を務める予定だったゴードン=レビットは3月5日、自身のFacebookで、映画化権がワーナー・ブラザースから傘下のニューラインに移ったことによる問題、また、クリエイティブ面での相違があることから、同作を辞退すると発表した。「ニューライン側と僕は、どうすれば『サンドマン』が優れた作品になるか、映画版で何ができるか/どうすべきかという見解が一致せず、残念ながら企画から離脱することを決意した。製作チームには心から成功を祈っている」とコメントしている。

ニール・ゲイマン原作のDC/ヴァーティゴ・コミック「サンドマン」は、1989年から96年までに75巻が刊行された。ドリームという夢を司る王が主人公で、夢の中と現代世界、さらに地獄など別世界でストーリーが展開される壮大なダークファンタジーだ。ゴードン=レビットは、14年に脚本家ジャック・ソーンを起用し、デビッド・S・ゴイヤー、原作者のゲイマンとともに企画開発を進めてきた。ニューラインは、ゴードン=レビットが降板する前日に、脚本家エリック・ハイセラー(「死霊館2」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」)と新たに契約を結んでいる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi