佐藤浩市、警察広報官演じた「64」前後編は「泥臭く見えるようにしたかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月7日 > 佐藤浩市、警察広報官演じた「64」前後編は「泥臭く見えるようにしたかった」
メニュー

佐藤浩市、警察広報官演じた「64」前後編は「泥臭く見えるようにしたかった」

2016年3月7日 18:34

元刑事の警察広報官を演じる佐藤浩市「64 ロクヨン 前編」

元刑事の警察広報官を演じる佐藤浩市
[拡大画像]

[映画.com ニュース]横山秀夫氏のベストセラー小説を2部作で映画化する「64 ロクヨン 前編」「64 ロクヨン 後編」の完成報告会見が3月7日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主演の佐藤浩市、原作者の横山氏、メガホンをとった瀬々敬久監督をはじめ豪華キャスト陣が勢ぞろいした。

元刑事の警察広報官・三上義信(佐藤)が、未解決事件「ロクヨン」を模倣した新たな事件に対峙する姿を通して、広報室と記者クラブ、警務部と刑事部の確執や攻防を迫真のスケールで描く。前後編合わせて4時間という今作を、ほぼ出ずっぱりの状態で演じきった佐藤。「ここまで身を削った映画は久々だと、自分の中で体感しました」と振り返り、「広報の人間たちと記者たちの関係性のなかで、人間臭く、泥臭く見えるようにしたかった。お互いの腹を探りあう腹芸もあれば、本音でぶつかり合うこともある。そういう風に行かなければいけないと思った」と映画に込めた思いを明かした。

この日の会見には綾野剛榮倉奈々夏川結衣緒形直人窪田正孝坂口健太郎椎名桔平滝藤賢一奥田瑛二仲村トオル吉岡秀隆瑛太永瀬正敏三浦友和も出席。佐藤はキャスト陣に目を向け、「これだけのメンバーと三上10番勝負のように、こちらのひとが終われば次はこちらの方(と撮影した)。対決シーンが、この映画に対する期待感と一緒に膨らんでいった。その反面、刀傷を追いながらゴールまで向かったという、1年前を思い出しました」としみじみと語る。そして、「スクリーンを通して、それが高揚感として伝わるものになっていると思います」と絶大な自信をのぞかせた。

また、撮影中は酒席で絆を深める機会が多かったようで、県警本部長・辻内役の椎名は「前乗りで新潟に入りまして、日ごろ敬愛している佐藤先輩が飲みに連れて行ってくださった。座長を称えたいと思います」と最敬礼。これを受け、佐藤は「お酒をいっぱいおごらせて頂いたおかげで、本当にサディスティックな椎名桔平を見ることができました」とほほ笑んだ。

さらに、原作者の横山氏は「瀬々監督や佐藤浩市さんは、原作を凌駕したと余裕しゃくしゃくの表情でおられますが、活字の人間としては超えられたとは微塵も思っていません」とピシャリ。それでも、「本物の人間たちが参集して本気でものを作ると、かくもすさまじい映画ができるのだと感服いたしました」といい、「本当に手強い相手だなと思いました」と称えた。瀬々監督も「横山さんとはいろいろありましたが、今日は仲良くやっていきたいと思います」と笑顔で話し、互いのプライドをぶつけ合い完成に向かっていったことをうかがわせた。

64 ロクヨン 前編」は5月7日、「64 ロクヨン 後編」は6月1日に全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi