何かがおかしい……死者蘇生がもたらす恐怖「ラザロ・エフェクト」予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月7日 > 何かがおかしい……死者蘇生がもたらす恐怖「ラザロ・エフェクト」予告公開
メニュー

何かがおかしい……死者蘇生がもたらす恐怖「ラザロ・エフェクト」予告公開

2016年3月7日 17:00

決して踏み越えてはならない一線「ラザロ・エフェクト」

決して踏み越えてはならない一線
(C)2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」のデビッド・ゲルブ監督が挑んだホラー「ラザロ・エフェクト」の予告編が公開された。死者蘇生という禁断の領域に踏み込んでしまった科学者、生き返った人間が体験する恐怖が見る者を襲う。

パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」などの大ヒット低予算ホラーを生み出してきたジェイソン・ブラムが製作を手がけ、死者が手足を動かすラザロ徴候をテーマに、医療研究チームが死者蘇生に成功したことから味わう恐怖を描く。

死んだ人間をよみがえらせる「ラザロ血清」の研究中、事故によって研究員ゾーイが感電死。婚約者のフランクは、仲間の制止を振り切りラザロ血清を投与し、ゾーイを死の淵から呼び戻すことに成功する。しかし、指先が変色しフランクの心を読み取るなど、ゾーイは別の何者かに変ぼうしていた。

予告編では、「何かがおかしい」「私がいたのは地獄だ」という言葉とともに、燃え盛る炎に包まれた不気味な世界がフラッシュバック。死を境に次第に制御不能になっていくゾーイと研究員たちは闇にのみ込まれ、研究室という閉ざされた空間が恐ろしさをあおる。

ゲルブ監督は「よみがえるまでの間、一体どんな体験をするのだろう? よみがえった時、以前とは何が変わっているだろう? そして、潜在的に何を持ち帰って来るのだろう? 若い科学者たちは、患者や愛する者たちに希望を与えようというところからスタートするけど、自然の法則をもてあそぶことには恐ろしい影響があることに気付くんだ」と説明している。

ラザロ・エフェクト」は、6月11日から全国で公開。“蘇生意志表示カード”ステッカーが付属する劇場前売り鑑賞券が、1400円(税込み)で発売中。

二郎は鮨の夢を見る[Blu-ray/ブルーレイ] 二郎は鮨の夢を見る[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 銀座「すきやばし次郎」の店主で、大正14年生まれのすし職人・小野二郎さんが握るすしは6年連続で「ミシュランガイド」三つ星を獲得し、脚光を浴び続けてきた。その味に魅了されたアメリカ人監督のデヴィッド・ゲルブが密着取材を行い、二郎さんの職人としての姿や、2人の息子と弟子たちとの師弟関係を映していくドキュメンタリー映画。
パラノーマル・アクティビティ[Blu-ray/ブルーレイ] パラノーマル・アクティビティ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 新鋭オーレン・ペリ監督がビデオカメラを使用し、わずか1万5000ドルという超低予算で製作したホラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi