橋本環奈、ひたむきだからこそ想像のつかない未来予想図 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月6日 > 橋本環奈、ひたむきだからこそ想像のつかない未来予想図
メニュー

橋本環奈、ひたむきだからこそ想像のつかない未来予想図

2016年3月6日 12:00

初主演映画を演じきった橋本環奈「セーラー服と機関銃」

初主演映画を演じきった橋本環奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画ヒロインの“大名跡”を継承する覚悟。橋本環奈はその重圧と闘いながら、「セーラー服と機関銃 卒業」で女優としての本格的な一歩を踏み出した。ひたむきに役と向き合い、がむしゃらに駆け抜けた16歳の夏は、橋本ならではの目高組4代目組長・星泉として結実した。

「快感」の決めゼリフで知られ、薬師丸ひろ子の人気を不動のものにした「セーラー服と機関銃」から35年。映画初主演の橋本には驚き、喜び、期待とともに当然プレッシャーものしかかってくる。

「すごくメモリアルな作品で、薬師丸ひろ子さんがやられていたことももちろん知っていました。その後を描くということで、うれしかったしワクワクしましたね。同時に言葉では表せないくらいのプレッシャーもありましたし、撮影が近づくにつれて日に日に増していく感じでした」

亡き伯父から目高組を引き継ぎ、敵対組織に乗り込み敵をとった星泉。その後、組を解散させ普通の高校生活を送っていたが、都市開発を隠れみのに街を乗っ取ろうとする堀内組に怒りが再燃し、組を復活させる決意をする。クランクイン前の約2カ月、前田弘二監督の下で徹底的なリハーサルが行われた。

「役づくりは、リハーサルが一番の主になりました。本当にたくさんのことに挑戦できたのは良かったと思います。今思えば、180度逆のことをやっていたんじゃないかと思うくらい、いろいろなパターンを試しました」

いざ撮影がスタートすれば、腹をくくるしかない。しかも、首を絞められて宙づりにされたり、爆破に巻き込まれたりと体力的にもハードなシーンも盛り込まれている。

「1シーン1シーン、緊張していたと思いますけれど、撮影に入ってしまえば代わる人はいないわけですから、そんなこと考えてもしようがないよなとも思っていました」

そして、クライマックスでは間違いなく橋本環奈としての星泉がきつ立していた。

「自分らしい星泉をつくるというのは有言実行できたのかな……。明確にこれというものは思いつかないんですけれど、泉の根底にある強さや堂々としたところ……。象徴的なのは、(堀内組に)乗り込んで機関銃を撃った後に、(堀内組の)安井さんに自分が好きなようにやっているだけじゃないかと言われると分からなくなるけれど、伯父さんが残した街を悪から守りたい一心だったと思うんです。それが自分らしさ、自分らしい星泉につながったんだと思います」

高校を卒業する泉に対し、橋本は女優としては“新入生”だ。その他の活動も含め多忙な日々は変わりないが、女優業にもますますどん欲になったことは明らかだ。

「この映画を機に女優としての第一歩を踏ませていただいたという気持ちはすごく強い。だからこそ、まだ見たことのない自分の一面を見たいし、いろいろな役に挑戦したいんです。私は死ぬまでこの仕事をしていたい気持ちが強くて、誰も想像できないような私の未来が築き上げられていければいいなと思っています」

セーラー服と機関銃 ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] セーラー服と機関銃 ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,854 赤川次郎原作の小説を薬師丸ひろ子主演で映画化。父親を亡くしたばかりの女子高校生が、父親がやくざの組長の血縁だったために、弱小やくざの組長を襲名するはめになってしまう。マシンガン片手に薬師丸ひろ子が大暴れするエンターテイメント大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi