キャリア38年・世良公則、初のトークイベントで「24時間すべてが幸せ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月4日 > キャリア38年・世良公則、初のトークイベントで「24時間すべてが幸せ」
メニュー

キャリア38年・世良公則、初のトークイベントで「24時間すべてが幸せ」

2016年3月4日 12:00

初のトークイベントに臨んだ世良公則「幸せをつかむ歌」

初のトークイベントに臨んだ世良公則
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロックミュージシャンで俳優の世良公則が3月3日、東京・渋谷のBunkamuraで開催されたメリル・ストリープ主演作「幸せをつかむ歌」の特別試写会に出席し、トークショーを行った。

オスカーに3度輝いたストリープは、家族を捨てロックミュージシャンとして生きてきたリッキーを演じるため、ニール・ヤングからギターレッスンを受け、劇中ではプロ並みの腕前を披露している。38年にわたるキャリアで初のトークイベントに挑んだ世良は、ストリープの「息を吸って吐くような」自然体の演奏を絶賛し「ミュージシャン、リッキーとしてふるまっている。だから、どの瞬間をとらえてもロッカーなんです」と熱弁。ライブ中の感情の機微が演奏や声、表情に表れていると、ミュージシャンならではの目線で見どころを語った。

リッキーのバンド仲間グレッグに、ミュージシャンのリック・スプリングフィールドが扮しているが、大ヒットドラマ「下町ロケット」で存在感を放った世良は「包容力や優しさがギタープレイやコーラスをしている時の横顔や視線に表れていて、こんなにお芝居うまいんだと思いました」と感化された様子。「人を支える源の感情って何だろうって考えた時に、グレッグって『はあ、かっこいいな』と勉強になりました」と語り、自身が目指す“かっこいい男”になるのは「これからでしょうね。あと10年、20年歩けば、道って呼べるようなものが自分の中で芽生えるんじゃないかな」とさらなる追及を示唆した。

さらに鑑賞ポイントのひとつとして、ロックミュージックを象徴する革のジャケットを挙げたが、自らが使用するロックなアクセサリは「最近小さくなってきた」という。「アイテムや肩書きに頼らないことを目指し始めてから、24時間すべてが幸せなんです。すべてのことが明日の自分を作る要素になると思うと、あらゆる巡り合わせに感謝できるようになってきた。人生で今が一番幸せかもしれないです」と貫禄たっぷりに話した。

ストリープが実娘メイミー・ガマーと共演する本作は家族の再生の物語。「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミ監督と、「JUNO ジュノ」でアカデミー脚本賞を受賞したディアブロ・コーディがタッグを組んだ。3月5日から、東京・Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。

羊たちの沈黙[Blu-ray/ブルーレイ] 羊たちの沈黙[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 トマス・ハリス原作の名作小説を、ジョナサン・デミ監督、ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス主演で見事に映画化した傑作サイコ・スリラー。
JUNO/ジュノ[Blu-ray/ブルーレイ] JUNO/ジュノ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 妊娠してしまった16歳の少女の心の成長を描いたハートフル・コメディ!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi