池松壮亮、可能性を模索し続ける人気俳優が醸し出す魅力 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月3日 > 池松壮亮、可能性を模索し続ける人気俳優が醸し出す魅力
メニュー

池松壮亮、可能性を模索し続ける人気俳優が醸し出す魅力

2016年3月3日 17:00

主婦と不倫するフリーターを演じた池松壮亮「裏切りの街」

主婦と不倫するフリーターを演じた池松壮亮
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 熱を帯びずに続く不倫関係――新鋭・三浦大輔監督渾身の舞台を、映像配信サービスdTVがオリジナルドラマ「裏切りの街」として映像化した。唯一無二の存在感を放つ人気若手俳優・池松壮亮が、女優の寺島しのぶを相手に堕落したフリーターを演じきった。

今作が映像配信サービスのオリジナルドラマであることについて、「現場はひょっとしたら映画よりもいいんじゃないかという環境でやらせてもらえた」と率直に話す。「表現ということに関してもすごく自由にやらせてもらえた。現場にいるときの熱量も、(撮影が)終わった後の愛情も変わらないです。思う存分三浦組としてやれたので、すごく自信を持っていますし、幸せな思いをさせてもらった」。

映画「愛の渦」(2013)、舞台「母に欲す」(14)に続き、3年連続の三浦監督作品出演となった池松は、「単純に三浦さんの作品が好き。三浦監督が舞台をやってきたなかでの代表作を、一緒に映像化できたのはすごく嬉しい」と笑みを浮かべる。ミューズの座は「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(09)に出演した峯田和伸にあると少し悔しそうに話し、「若い役、20代の役となるといないので(笑)」と野心をのぞかせた。

ドラマは、フリーターの菅原(池松)と専業主婦の橋本(寺島)が、明確な愛や目的もないまま禁断の関係に堕ちていくさまを描いた。舞台版とは違う結末を気に入っているといい、「見ている側にもう一歩踏み込んでくるような、どこか身につまされて、『ひょっとして自分たちもこうなんじゃないか?』となんとなく思わせられる」とリアルさに言及。ゆえに、役作りも「ひたすらその作品と向き合っているという時間も役を作る。『裏切りの街』に思いを馳せる時間が全部役作りでした」と振り返る。


画像2

[拡大画像]

三浦監督が描いた菅原という人物を「一歩引いて見たらどうしようもない奴」と分析しつつも、「それが三浦さんの作品のキャラクター像」と納得の表情。「人たらしな部分が無いといけない。誰しもが持っている愚かさや醜さ、人間が本来持っているものをえぐり取って、その奥にある人間のはかない部分や美しい部分を浮き彫りにするのが、三浦さんの得意とする技。それはずっと一貫してやってきたこと」と敬意を示す。さらに、今後も三浦監督との仕事は「確実にやる」と断言し、「三浦さんがここだと思って声をかけてくれたときに、全身全霊でいける準備はしておきたい」と背筋を伸ばした。

一方で、共演の寺島にも「素晴らしかったです。凄みをまじまじと感じました。何でもないシーンでさらっとすごいことやられていました」と最敬礼。「日々苦労をともにした。三浦さんは強敵なので、なかなか納得してくれない。それを何とかお互いを持ち上げながらやったという感じ。相手が寺島さんじゃなかったら引き出されなかった部分を、根こそぎ引き出されたと思うし、もらったものはすごく大きい」と感謝は尽きない。

「僕自身も人(相手)が変われば新しい僕の顔を見られると思っている」と語る池松は、寺島との共演作で2月に封切られた「シェル・コレクター」をはじめ、今年公開の映画だけで「無伴奏」「ディストラクション・ベイビーズ」「海よりもまだ深く」「セトウツミ」「だれかの木琴」「デスノート 2016」と7作品に出演している、まさに“売れっ子”俳優。今後のキャリアプランを聞くと、驚くほど正直な答えが返ってきた。

「僕も探しているんです。やりたいというよりも、どういう役をやるべきか。今までのことを壊しにかかる時期に入っているのか、それを踏まえて新しいことをしようとしているのか。でも常に新しいことを目指しているつもりではあります」。その真摯な表情から、底知れぬ可能性と魅力が垣間見えた。

裏切りの街」(全6話)は、dTVオリジナル作品初のR15指定ドラマ。dTVで独占配信中。

ボーイズ・オン・ザ・ラン[DVD] ボーイズ・オン・ザ・ラン[DVD] 最安価格: ¥2,592 花沢健吾原作コミックを映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi