【国内映画ランキング】「黒崎くんの言いなりになんてならない」V、「ザ・ブリザード」は4位、「ヘイトフル・エイト」9位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月29日 > 【国内映画ランキング】「黒崎くんの言いなりになんてならない」V、「ザ・ブリザード」は4位、「ヘイトフル・エイト」9位
メニュー

【国内映画ランキング】「黒崎くんの言いなりになんてならない」V、「ザ・ブリザード」は4位、「ヘイトフル・エイト」9位

2016年2月29日 20:05

初登場1位の「黒崎くんの言いなりになんてならない」「黒崎くんの言いなりになんてならない」

初登場1位の「黒崎くんの言いなりになんてならない」
(C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2月27~28日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。人気アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人主演で、「別冊フレンド」連載の少女コミックを実写映画化したラブストーリー「黒崎くんの言いなりになんてならない」が、3週連続1位だった「オデッセイ」を抑えて初登場1位でデビューした。全国160スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員15万7680人、興収1億9070万5900円の成績。この数字は、同じく少女コミックを実写映画化し昨年大ヒットした「ヒロイン失格」の興収比81.6%。中島ファンの若い女性層を中心に集客しており、最終興収で10億円超が見込める好スタートとなっている。

新作では他に、「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン主演のパニックアクション「ザ・ブリザード」が、全国407スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員6万0613人、興収9986万7400円を稼ぎ、初登場4位のスタートを切った。クエンティン・タランティーノ監督の長編第8作「ヘイトフル・エイト」は初登場9位にランクイン。全国119スクリーンで公開され、オープニング2日間の成績は、動員3万5102人、興収4741万6530円だった。

オデッセイ」と「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」は、それぞれ2位と3位に後退したが、「オデッセイ」は週末2日間で動員14万5240人、興収2億1367万1300円と好調を維持し、興収では「黒崎くんの言いなりになんてならない」を上回っている。累計興収は27億円を突破した。「信長協奏曲」も依然として好調をキープしており、間もなく累計興収は40億円に達する見通し。

Born in the EXILE 三代目J Soul Brothersの奇跡」は5位にワンランクアップし、腰の強い興行を展開中。前週から4DX上映と新規劇場での上映がスタートしたアニメ「ガールズ&パンツァー 劇場版」も10位に踏みとどまっており、累計興収をさらに伸ばしている。

なお、ビートたけし主演の「女が眠る時」は12位スタート。また、アニメ「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ 逆襲のミルキィホームズ」が全国11スクリーンで公開され、オープニング2日間で興収1600万円超、1館あたりのアベレージが約150万円とランク外ながら高稼動を見せている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ハドソン川の奇跡の評論 ハドソン川の奇跡 機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
  • 高慢と偏見とゾンビの評論 高慢と偏見とゾンビ J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
  • ある天文学者の恋文の評論 ある天文学者の恋文 名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

(自ら買い付けた映画の)上映映画館が決まったときは喜びもひとしお!映画に対...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi