ビートたけし×ウェイン・ワン監督が目撃した、西島秀俊のうれしそうな表情 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月28日 > ビートたけし×ウェイン・ワン監督が目撃した、西島秀俊のうれしそうな表情
メニュー

ビートたけし×ウェイン・ワン監督が目撃した、西島秀俊のうれしそうな表情

2016年2月28日 12:00

「女が眠る時」に主演したビートたけし、 西島秀俊、ウェイン・ワン監督「女が眠る時」

「女が眠る時」に主演したビートたけし、
西島秀俊、ウェイン・ワン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的な評価を受ける2人のフィルムメイカーが、監督と主演俳優として対じした。ウェイン・ワン監督とビートたけし。さらに、構想段階から参画していた西島秀俊を加えた魅力的なトライアングルが形成された。静ひつな映像美の中で繰り広げられる究極の心理戦。国境を越えてたぐいまれな才能が結集した、日本映画の新機軸が「女が眠る時」だ。

米国を拠点とする香港出身のワン監督が、「ニューヨーカー」誌に掲載されたスペイン人作家ハビエル・マリアスの短編小説と出合ったのがすべての始まり。これを日本映画として製作するという大胆な発想が、たけしを引き寄せたといえる。

「僕はもともと北野武のファン。たけしさんがこの企画に興味を持っていると聞いたので、ぜひ撮りたいと思ったんだ」

妻と郊外のリゾートホテルで休暇を取っていた作家の健二(西島)は、プールサイドでひときわ異彩を放つ男にくぎ付けになる。孫ほども年齢の違う美女・美樹の寝姿を少女の頃から撮り続けているという得体の知れない佐原(たけし)だ。その異常性愛ともいえる行動に健二は心を奪われ、現実ともう想の間をさまようようになっていく。

たけしが自身の監督作以外で映画に主演するのは「血と骨」以来12年ぶり。俳優に専念する場合は、監督としての視点は一切封印するという。

「監督としての考え方がちょっとでもあると、俺だったら頭のシーンからこうやりたいってなっちゃうからさあ。それは自分が監督をやった時に、役者の方からこのシーンはこうやった方がいいって言われると腹が立ってしようがないから。2度とこいつは使わないって思うもん」

西島は2002年「Dolls(ドールズ)」の主演に抜てきされたのを機に飛躍を遂げた。昨年の「劇場版MOZU」でも共演したが、前作では公安警察官と日本の犯罪史の闇を牛耳るダルマとしてクライマックスで激突。今回は完全な心理戦で、ジワジワと追い詰め、追い詰められていく静かな“攻防”に目が離せなくなっていく。

西島「北野さんの、弛緩しているところと殺気が同居しているのは何なんですかねえ。本当に不思議。今回はそれを目の前で見られたので、自分も獲得していきたいなって思っています」
 たけし「ダルマから変態へって、俺はいったいどうなってんだって感じだけれどね」

自ちょう気味にギャグに変えるたけしだが、西島の成長を素直に喜ぶ。

「役者ってのは食材だから。中国産じゃないやつね。誰が調理するかの問題であって、素材としては年期も踏んでいるし間違いがない役者で、どんなことでもこなすと思うよ。使う監督がダメなら作品がダメになるだけ」

ならば、再び監督としての起用を期待してしまう。

「台本を書いてみて、誰にこの役をやらせたらいいかなってなって、あれ? これ西島くんだと思ったらすぐ頼みに行くよ」

この時の西島の、何とも言えないうれしそうな表情が印象的だった。

Dolls[DVD] Dolls[DVD] 最安価格: ¥3,292 一本の赤い紐につながれ、あてもなくさまよう男女。忍び寄る死を予感した老境のヤクザと、彼をひたすら待ち続ける一人の女。事故により人気の絶頂から転落したアイドルと、それでも彼女を慕い続ける青年。映画監督・北野武が贈る三つの愛の物語。
劇場版MOZU 通常版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 劇場版MOZU 通常版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,639 灼熱の地・ペナム共和国を舞台に、事件の真相を追う倉木達と、最後の敵・ダルマとの死闘が幕を開ける!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi