ロシアの怪僧ラスプーチンのドラマシリーズ制作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月28日 > ロシアの怪僧ラスプーチンのドラマシリーズ制作へ
メニュー

ロシアの怪僧ラスプーチンのドラマシリーズ制作へ

2016年2月28日 10:00

ラスプーチン「アメリカン・スナイパー」

ラスプーチン
Photo by Culture Club/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロシア帝政末期に宮廷で暗躍した怪僧ラスプーチンを題材にした、全6~8話のドラマシリーズを制作する企画があることがわかった。

米Deadlineによれば、米メディア・ライツ・キャピタルが制作し、監督デビュー作のホラー映画「The Witch」(2015)でサンダンス映画祭監督賞を受賞した新鋭ロバート・エガースが脚本と演出を手がける。キャストは未定。

グレゴリー・ラスプーチンは、皇太子の血友病を祈祷で治療したと称して皇帝ニコライ2世と皇后アレクサンドラの信頼を獲得。徐々に「信者」を増やして第1次大戦中には国政を左右し、事態を憂慮する反対派貴族たちによって暗殺された。

ラスプーチンは、暗殺時になかなか死ななかった、性豪であったなどさまざまな逸話を持つ特異な風貌の怪人物で、映画その他のフィクションにもしばしば悪役キャラクターとして登場する。

なお、米ワーナー・ブラザースがラスプーチンの伝記映画を別途企画している。「アメリカン・スナイパー」の脚本家ジェイソン・ホールが脚本を執筆し、レオナルド・ディカプリオがプロデュースと主演を務める予定だが、2013年に最初に企画が報じられて以降、特に進展はしていないようだ。

アメリカン・スナイパー[Blu-ray/ブルーレイ] アメリカン・スナイパー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥954 巨匠クリント・イーストウッド監督が《伝説のスナイパー》の4度にわたるイラク派兵とその半生を描く戦争ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi