第8回ちば映画祭で石橋夕帆監督「ぼくらのさいご」の上映が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月28日 > 第8回ちば映画祭で石橋夕帆監督「ぼくらのさいご」の上映が決定
メニュー

第8回ちば映画祭で石橋夕帆監督「ぼくらのさいご」の上映が決定

2016年2月28日 08:00

石橋夕帆監督「ぼくらのさいご」「ひとつの歌」

石橋夕帆監督「ぼくらのさいご」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手映画監督の登竜門として注目を集めている田辺・弁慶映画祭で、昨年の第9回に映画.com賞を受賞した石橋夕帆監督の「ぼくらのさいご」が、3月19日(前夜祭)から21日まで千葉市生涯学習センターで開催される第8回ちば映画祭で上映されることが決定した。

同作はある夏の田舎を舞台に、中学3年生の少女の異性に対する繊細な感情の変化を、ゆるやかな空気感と女性監督ならではの感性で描いた新世代の青春映画(33分)。インディーズ映画への主演が相次ぐ注目の若手女優・堀春菜がヒロインを瑞々しく演じた。

ちば映画祭は、千葉市のみならず千葉県初上映の作品、特に若手監督の作品をメインに上映。各回上映後には各監督らによる舞台挨拶やミニライブなどを行い、監督たちとの交流によって、より広く深く映画に触れる機会の提供を目指している。

第8回のラインナップは、第24回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門で「ひとつの歌」が上映された映像詩人・杉田協士の新作「反対になった電池が光らない理由だなんて思えなかった」と「始発待つ光のなかでピーナツは未来の車みたいなかたち」のプレミア上映を含む作品を映画祭で初めて特集上映。さらに「ローリング」の冨永昌敬や、村松正浩瀬田なつき中野量太安川有果といった中堅及び若手監督の上映機会の少ない短編・中編にもスポットを当てている。

昨年上映された二宮健監督「スラムポリス」や、渡辺大知監督「モーターズ」などは、その後に劇場公開されており、新しい才能の作品に触れられる映画祭として回を追うごとに注目が集まっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi