倉田真由美、離婚する主婦たちにエール「たいがいが幸せになる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月28日 > 倉田真由美、離婚する主婦たちにエール「たいがいが幸せになる」
メニュー

倉田真由美、離婚する主婦たちにエール「たいがいが幸せになる」

2016年2月28日 17:20

離婚トークを盛り上げた倉田真由美「家族はつらいよ」

離婚トークを盛り上げた倉田真由美
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 漫画家の倉田真由美が2月28日、都内で行われた映画「家族はつらいよ」のイベント「円満離婚の日 奥様限定試写会」で上映後のトークショーにゲスト出演した。

2月29日が「円満離婚の日」に制定され、離婚式なるイベントも開催されていることから、「これまで1度でも離婚を考えたことがある」主婦を招待。中には29日に離婚届を提出する予定の富子さんと文枝さん(共に仮名)もおり、自らもバツ1である倉田さんは「離婚式を行って後悔をした人は1人もいないそうです。たいがいが幸せになる。いいことしかない。私の離婚の時はヤッターって感じでした」と後押しした。

2009年に再婚し、理想の夫婦像は「何かしら得していると互いに思える関係がいい」と指摘。観客からのストレス解消法を聞かれると、「今の夫はバツ3で、会社をつぶして自己破産したので、うちの両親が大反対した。だから、両親には夫を会わせていない。いないものとして生活すればストレスも生じない。当たり前と思われていることを見つめ直すことが大事」と説いた。

さらに、つらいことを乗り越える秘けつを問われると、「時間が解決するしかないのかもせれないけれど、向いたパートナーがいると心が楽になる。夫は私が落ち込んでいても、『そんなことで落ち込んでんの?ハハハハハ』っていうくらい神経が図太い。でも、それですごく楽になったんです」と経験談を披露。そして、「お金のことで少しトラブルはありますが、それ以外はまあまあ仲良くやっています」と自ちょう込みでのろけていた。

家族はつらいよ」は、山田洋次監督が「男はつらいよ」以来となる喜劇に挑んだ意欲作。3世代同居一家で、母の富子が家主の夫・周造に離婚を切り出したことから、家族全員が大慌てで事態の収束を図ろうとする姿を描く。3月12日から全国で公開される。

『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 最安価格: ¥99,782 葛飾柴又生まれのテキ屋“フーテンの寅”の活躍を描いた、渥美清主演で贈る傑作人情映画シリーズ「男はつらいよ」全作をひとつにしたDVD-BOX。
東京家族[Blu-ray/ブルーレイ] 東京家族[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 半世紀のあいだ、その時代、時代の〈家族〉と向き合ってきた山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi