川栄李奈「デスノート 2016」に出演!無差別殺人繰り返す「史上最悪のデスノート所有者」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月24日 > 川栄李奈「デスノート 2016」に出演!無差別殺人繰り返す「史上最悪のデスノート所有者」
メニュー

川栄李奈「デスノート 2016」に出演!無差別殺人繰り返す「史上最悪のデスノート所有者」

2016年2月24日 05:00

「デスノート 2016」で無差別殺人者の 青井さくら役を演じる川栄李奈「デスノート Light up the NEW world」

「デスノート 2016」で無差別殺人者の
青井さくら役を演じる川栄李奈
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元「AKB48」で女優の川栄李奈が、映画「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編で今秋公開の「デスノート 2016」に出演していることがわかった。デスノートを用いて人々を恐怖に陥れる青井さくら役で、アイドル時代のスマイルを封印して撮影に挑んだ川栄は「新しい挑戦をさせていただいて、とても嬉しいです」と話している。

映画は、大場つぐみ氏(原作)&小畑健氏(作画)による原作コミックにあった「人間界で同時に存在していいノートは6冊まで」という「6冊ルール」を軸に描かれる新たな物語。地上に6冊のデスノートが存在することが判明し、全てを手にしたものが地上を制すると言われるデスノートを巡り、争奪戦が繰り広げられる。東出昌大が主演を務め、池松壮亮菅田将暉という若手演技派が共演する。

2015年8月にAKB48を卒業した川栄は、舞台「AZUMI 幕末編」主演やドラマ「ヒガンバナ 警視庁捜査七課」「東京センチメンタル」への出演、そして4月からはNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演と、女優として活躍の場を着実に広げている。今作で演じるさくらは一見すれば普通の女の子だが、死神界から地上に落とされ世界中に散らばったデスノートを所有し、前作で藤原竜也が演じたキラ=夜神月とは真逆に、思想を持たずに無差別殺人を行うという危険人物。それゆえに「史上最悪のデスノート所有者」とされるキャラクターだ。

佐藤貴博プロデューサーは「役者として『普通に渋谷にいそうな女の子』のリアリティも表現しつつ、その裏側に潜む怖さをにじませる演技力を持っている」と川栄の起用理由を説明。メガホンをとる佐藤信介監督も「サイコな若い女性で、デスノートを使い、人々を殺しまくるという役柄を、淡々と演じていただけました」と絶賛している。

川栄は「自分がデスノートを拾ったらどうなるんだろうとワクワクしながらも、周りで多くの人が死んでいくので不思議な感じですが、普通の女の子を意識して演じさせていただきました。私も好奇心旺盛なので、そこは(さくらと)似ていると思います。過去の作品は、どのようなラストになるのかワクワクしながら見ていたので、そのワクワクがこの作品でも感じていただけると思います」とコメントを寄せている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi