メ~テレ、未公開作をコロナ7館で月1本上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月24日 > メ~テレ、未公開作をコロナ7館で月1本上映
メニュー

メ~テレ、未公開作をコロナ7館で月1本上映

2016年2月24日 23:30

選りすぐりの映画作品を東海エリアで月替わりで上映「更年奇的な彼女」

選りすぐりの映画作品を東海エリアで月替わりで上映
[拡大画像]

[映画.com ニュース]メ~テレ(名古屋テレビ)はこのほど、既存の映画チェーン公開作品とは一線を画す、選りすぐりの映画作品を東海エリアで、月替わりで上映していく「メ~シネマ」の取り組みを、2月27日からスタートすると発表した。

また、「メ~シネマ」の初回上映作品は、中国映画「更年奇的な彼女」に決定した。同作は、「メ~シネマ」での公開が日本最速公開となる(同館での公開後、4月8日から全国で順次公開予定)。

今回の取り組みは、同局の放送エリアとリンクした東海エリア内のコロナシネマワールド7館(中川、小牧、春日井、半田、安城、豊川、大垣)で継続的に上映していくことを基本的枠組みとして、“映画を愛する大人”へ向け、深い味わいが楽しめる“日本未公開作品”を厳選し、毎月1作を上映していく映画ブランドとなることを目指したもの。上映する映画のコンセプトは、「大人のあなたにこそ観てほしい珠玉の1本」。当面のラインナップとしては、世界各国の作品が用意されている。

また、入場料金は大人1100円(税込)というリーズナブルな設定とし、今後も継続して使用できる回数券(3枚1セット)も上映劇場で発売し、ブランドの定着を図っていく計画。各劇場では1日2回程度の上映を予定。まずは、同局と東海エリア内コロナと各作品の配給会社とによる共同プロジェクトとして展開し、同局はPR連動していくことになる(メ~テレが映画配給するわけではない)。今後、公開館数・規模等については拡大していく可能性も秘めている。(文化通信)

「メ~シネマ」当面の上映作品ラインナップ(2月8日現在)
▼2月27日~3月25日「更年奇的な彼女
 (中国/ラブコメディ)監督クァク・ジェヨン
▼3月26日~4月22日「クイーン アンド カントリー
 (イギリス/歴史ドラマ)監督ジョン・プアマン
▼5月14日~6月10日「チリ33人 希望の軌跡
 (アメリカ/ドラマ)監督パトリシア・リゲン
▼6月11日~7月8日「COME AS YOU ARE ありのままで
 (ベルギー/ロードムービー)監督ジョフリー・エントーヴェン
▼公開時期未定「マイ スキニー シスター
 (スウェーデン/ドラマ)監督サナ・レンケン
▼公開時期未定「ヒポクラテス
 (フランス/ドラマ)監督トマ・リルティ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi