ロシアの女帝エカテリーナ2世の伝記映画、主演にキーラ・ナイトレイ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月24日 > ロシアの女帝エカテリーナ2世の伝記映画、主演にキーラ・ナイトレイ
メニュー

ロシアの女帝エカテリーナ2世の伝記映画、主演にキーラ・ナイトレイ

2016年2月24日 19:30

キーラ・ナイトレイ

キーラ・ナイトレイ
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] バーブラ・ストライサンドがメガホンをとる、ロシアの女帝エカテリーナ2世の伝記映画の主役として、英女優キーラ・ナイトレイが出演交渉中であることがわかった。

本作は、2014年のブラックリスト(製作前の優秀脚本リスト)の1位に選ばれたクリスティーナ・ローレン・アンダーソンの脚本「キャサリン・ザ・グレート(原題)」を映画化するもの。18世紀、ドイツの貴族の娘に生まれたエカテリーナは、ロシアの皇太子と結婚し、のちに女帝として34年の長きにわたってロシアを統治した。

米ハリウッド・レポーターによれば、ナイトレイとストライサンドは本プロジェクトに関する話し合いを昨年から続けているという。

なお、ナイトレイは「ジジ」「シェリ」の仏作家コレットの伝記映画にも主演することがすでに決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi