アメコミ知識人たちが日本のアメコミ事情を激論!「DC」と「マーベル」の違いを考察 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月24日 > アメコミ知識人たちが日本のアメコミ事情を激論!「DC」と「マーベル」の違いを考察
メニュー

アメコミ知識人たちが日本のアメコミ事情を激論!「DC」と「マーベル」の違いを考察

2016年2月24日 17:00

(左から)森笠佑馬氏、内尾由生弥氏、 杉山すぴ豊氏「マン・オブ・スティール」

(左から)森笠佑馬氏、内尾由生弥氏、
杉山すぴ豊氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] DCコミックスを原作とするテレビドラマ「SUPERGIRL スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」の今春の配信開始を記念し2月23日、東京・高円寺の「海外コミックスカフェACBD」でDCコミックを中心とした「アメコミ座談会」が開催。ライターの杉山すぴ豊氏、店のオーナー・内尾由生弥氏、吉本興業の“アメコミ大好き芸人”による「よしもとアメコミリーグ」の構成作家・森笠佑馬氏がトークに花を咲かせた。

幼少期からバットマンなどの海外アニメに親しんできた3人は、近年のアメコミ熱の高まりに目を細める。「バットマークのTシャツを着た女子が増えましたよね。ユニクロにDCコーナーがあるのがすごい」(杉山氏)、「うちのお客さんは男性6割、女性4割。『時系列を追って(原作を)読みたい』という方もいらっしゃって、アメコミ好きな方が増えてきたなと感じる」(内尾氏)、「『マン・オブ・スティール』のヘンリー・カビルはじめ、線が細めの男前の俳優が増えてきた。女の人が好きになりますよね」(森笠氏)。

16年は、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」、悪役が勢ぞろいする「スーサイド・スクワッド」の公開も控えており、まさに“DCコミックスイヤー”といえる。3人は、単独ドラマ「ARROW アロー」「THE FLASH フラッシュ」のスピンオフで、ヒーローと悪役が混合チームを結成する「レジェンド・オブ・トゥモロー」の魅力を、「(バットマンやスーパーマンがチームを組む)『ジャスティス・リーグ』にも引けを取らない。通好みの渋さがある」(森笠氏)、「テレビでよくこのスケールを作った。アクションがすごいです」(杉山氏)、「動きも格好いいし、チームものならではの連携もある」(内尾氏)と語った。

一方、スーパーマンの従妹(いとこ)を主人公にした「SUPERGIRL スーパーガール」は、女性をターゲットにした作風が特色とのこと。「女性が見やすいし、ヒーローものとしても完璧なくらい王道。女性が会社で頑張る、というストーリーもある」(森笠氏)、「ヒロインが滅茶苦茶かわいい。“ガール感”がすごくよく出ている」(杉山氏)。

3人は、DCコミックスと肩を並べるマーベルコミックの違いについても言及。「DCは刑事コミックからスタートして、マーベルはSF。DCはそれぞれの街にヒーローがいて、犯罪と戦っている。テレビドラマ向きと言えますね」(杉山氏)、「マーベルは(全作品が)つながっているけど、DCは(それぞれが独立しているから)100パーセント端から端まで楽しめる作りになっている。初めての人が入りやすい」(森笠氏)と持論を展開した。

「SUPERGIRL スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」は、デジタルセルが今春配信開始。

マン・オブ・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] マン・オブ・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥954 地球をめぐり最強のヒーローと最凶の侵略者とのバトルを驚愕のスケールで描く、アクション・エンターテイメント。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi