多部未華子、「あやしい彼女」での天性の歌声いじられ赤面「本当にやめて」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月22日 > 多部未華子、「あやしい彼女」での天性の歌声いじられ赤面「本当にやめて」
メニュー

多部未華子、「あやしい彼女」での天性の歌声いじられ赤面「本当にやめて」

2016年2月22日 21:40

天性の歌声をいじられた多部未華子、 倍賞美津子、要潤ら「あやしい彼女」

天性の歌声をいじられた多部未華子、
倍賞美津子、要潤ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の多部未華子主演の映画「あやしい彼女」の完成披露試写会が2月22日、東京・丸の内ピカデリーで行われた。多部は共演の倍賞美津子小林聡美要潤らとともに舞台挨拶。「皆さんの感想がどうなるかドキドキですけれど、楽しんで見ていただけたらうれしいです」と笑顔で語った。

73歳の毒舌おばあちゃんが、あるきっかけで20歳の体を手に入れてしまうという役どころに挑んだ多部。倍賞との“2人1役”だったが、「同一人物なので同じシーンはなかったんですけれど、同じ撮影日があって倍賞さんは私を心配して、たくさん声をかけてくださったのに、はい、そうですねしか言えず申し訳ありません」と恐縮しきりだ。

倍賞は、「感じも体つきも全く違うから、心だけはつながっていようねって言っただけよ」と優しくフォロー。「よくできました」というお褒めの言葉に、多部も安どの表情を浮かべた。

だが、多部が天性の歌声を持っているという設定に話題が及ぶと、要が「天性の歌声ってあるんだって、思わずひざから崩れ落ちそうになった」とおどけると、「ちょっと」と大慌て。さらに、志賀廣太郎が「なんていいんだろうと、しばし役を忘れてしまった」、「ロックバンド「DISH//」のボーカルでもある北村匠海も「ここまでストレートに心に響く歌を久々に聴いた」とちゃかし気味に絶賛。多部は、「もう、本当にやめて」と照れることしきりだった。

あやしい彼女」は、同名の韓国のヒット映画を日本に設定を置き換えリメーク。20歳の体を手に入れたおばあちゃんが、自身の孫らに言い寄られてしまうことで起こる騒動を描く。4月1日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi