「Kiroro」が「アーロと少年」の日本版エンドソング「Best Friend」新バージョン披露! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月22日 > 「Kiroro」が「アーロと少年」の日本版エンドソング「Best Friend」新バージョン披露!
メニュー

「Kiroro」が「アーロと少年」の日本版エンドソング「Best Friend」新バージョン披露!

2016年2月22日 15:00

日本版エンドソングを披露したKiroro「アーロと少年」

日本版エンドソングを披露したKiroro
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2人組音楽ユニット「Kiroro」が2月22日、都内で行われた、弱虫の恐竜と怖いもの知らずの少年の友情を描くディズニー/ピクサー作品「アーロと少年」のイベントに登場。日本版エンドソング「Best Friend ~Mother Earth Version~」を披露した。

「Best Friend ~Mother Earth Version~」は、2001年6月に発売されたKiroroの代表曲「Best Friend」を本作のために新たに録音した新バージョン。サプライズで登場した2人の親友の振り付け師・新垣寿子が見守るなか、ボーカル・玉城千春は時折涙で声を震わせながら熱唱。高らかに歌い上げると「歌うために来たのに、(親友との再会が嬉しくて)歌えないんじゃないかと思った。一生懸命、思いを声にして歌いました」と言葉を振り絞った。

一方、ピアノ担当の金城綾乃も「15年前に千春が作った歌が、再び世の中に出るなんて」と感無量の面持ち。これに対し、玉城は「この曲を作った当時は、喉を痛めていたので歌うのが怖かった。そんな時、支えてくれた綾(金城の愛称)への感謝を込めて作った。私はいつも綾の笑顔に支えられている。綾は私が落ち込んだ時、『大丈夫だよ』ってなぐさめてくれる。綾がいてくれることで、私は自分を肯定できる」と金城にほほ笑みかけた。

そして玉城は、「映画ではアーロのお父さんが『怖いものを乗り越えた先にきれいな景色がある』という言葉を口にしますが、私たちもレコーディングを通してきれいな景色がみれました」としみじみと語り、「楽曲と映画のテーマが一緒なので、起用していただき光栄でした」と感謝を述べた。映画は、恐竜たちが絶滅を免れた地球を舞台に、弱虫の恐竜アーロと孤独な人間の少年スポットの冒険を描く。「アーロと少年」は3月12日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi