オスカーボイコットで注目のスパイク・リーがベルリンで会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月21日 > オスカーボイコットで注目のスパイク・リーがベルリンで会見
メニュー

オスカーボイコットで注目のスパイク・リーがベルリンで会見

2016年2月21日 12:00

スパイク・リー監督作「CHI-RAQ」会見の模様

スパイク・リー監督作「CHI-RAQ」会見の模様
写真:Photoshot/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2月20日に終了するベルリン映画祭で、現地時間の16日、スパイク・リーの「CHI-RAQ」(犯罪件数の高さで悪名高いシカゴの南部地域の名称)がアウト・オブ・コンペティション部門で上映され、大きな反響を呼んだ。本作はAmazonが製作に乗り出した作品としても話題を呼び、アメリカでは12月に限定公開を迎えたが、ヨーロッパは今回がプレミアとなる。映画の過激な内容と破天荒なスタイルはもとより、いまアカデミー賞ボイコット発言でも注目されているリーだけに、公式上映に先立つ記者会見は熱気に包まれた。

リーは「アメリカはとてもバイオレントな国。これほど銃が蔓延しているところもない。シカゴは最悪で、今年に入って53人が殺されている。戦争状態なんだ」と発言した。本作は、そのシカゴのなかでもっとも危険と言われる地域を舞台に、女たちがパートナーに「暴力をやめないならセックスをさせない」と宣言し、ストライキ(?)をするなんともユニークな物語。ラップミュージックが流れ、ときおりミュージカルが挿入される、パラフルでグルービーな作りになっている。ラストには“ウェィク・アップ”とテロップが出て、明確にメッセージ性がありながらもすこぶるエンターテインメント。スパイク・リーの出世作「ドゥ・ザ・ライト・シング」を彷彿させるようなエネルギーに満ちた快作だ。

一方、今月末に控えるアカデミー賞について訊かれたリーは、「ボイコットを呼びかけたつもりはない。ただ自分と妻は出席しないと言っただけ。昨年、今年と、すべての俳優部門において、カラード・ピープルがノミネートされていない。これはおかしい」と答えた。アカデミー賞の会員は平均年齢が60歳であり、その9割以上が白人、さらに8割近くが男性である。授賞について、おのずと偏りが出てくるのは明らかだろう。

リーの激震が去った翌17日には、こちらもかねてから注目されていたマイケル・ムーアの新作「Where to Invade Next」がベルリナーレ・スぺシャル部門で上映された。もっとも、残念ながらムーア自身は肺炎で入院中のため、出席は叶わなかった。ムーア特有のユーモアに満ちた本作は、彼自身が銃を持たずに他国に”侵入”し、何かアメリカのためになるものを学んで持ち帰る、という原則を実践するドキュメンタリー。といっても、もちろん危険地帯に行くわけではなく、イタリア、フランス、フィンランド、チュニジアなどを回る。紋切り型のところはあるにしても、わかりやすく楽しいアプローチで、他国と比較しながらアメリカの病を分析する。何より映画としてすこぶる面白いのがこの監督ならでは。

アメリカ映画では他に、ジェフ・ニコルズ監督作「Midnight Special」(コンペティション)と、ドン・チードルが監督、主演でマイルス・デイビスを描いた「Miles Ahead」(ベルリナーレ・スペシャル)も注目を浴びた。特殊な能力を持つ少年を描いた「Midnight Special」は、SFというより実力派俳優の演技で見せるドラマ。少年役の新人ジェイデン・リーバーハーを囲んで、マイケル・シャノンジョエル・エドガートン、キルスティン・ダンストらが脇を支える。

一方、「Miles Ahead」で自らマイルス・デイビスに扮したチードルは、初監督作とは思えない手腕で、マイルスの頭の中を覗くような独創的な伝記を描いた。何より彼の演技が見ものだが、果たして来年のアカデミー賞にノミネートされるだろうか。(佐藤久理子)

(映画.com速報)
ドゥ・ザ・ライト・シング[DVD] ドゥ・ザ・ライト・シング[DVD] 最安価格: ¥891 ブルックリンを舞台に、人種差別による白人と黒人の対立を描いた、スパイク・リー監督作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi