大根仁監督、「モテキ」お蔵入りカットを披露&解説「いいシーンでしょう?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月20日 > 大根仁監督、「モテキ」お蔵入りカットを披露&解説「いいシーンでしょう?」
メニュー

大根仁監督、「モテキ」お蔵入りカットを披露&解説「いいシーンでしょう?」

2016年2月20日 17:55

サービス精神たっぷりのトークで場内を 盛り上げた大根仁監督(左)と川村元気氏「モテキ」

サービス精神たっぷりのトークで場内を
盛り上げた大根仁監督(左)と川村元気氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 森山未來主演作「モテキ」が2月20日、香川県で開催中の「さぬき映画祭2016」で上映された。メガホンをとった大根仁監督と東宝の川村元気プロデューサーは、綾歌郡・イオンシネマ宇多津で舞台挨拶に立った。

2010年にテレビドラマ化された人気漫画を実写映画化した今作は、11年9月に全国276スクリーンで封切られ、累計興行収入22億2000万円の大ヒットを記録。森山が第66回毎日映画コンクール男優主演賞、ヒロインの長澤まさみが第54回ブルーリボン賞助演女優賞に輝いたことでも話題を呼んだ。

今作の映画化について、川村氏は「大根監督とは以前から交流があったんです。『モテキ』は音楽の使い方が面白くて、僕も映画でJポップを使ったミュージカルみたいなものをやってみたかった」と説明。だが、ドラマで原作のエピソードは全て描いていたこともあり「生意気にも断ってきたんです(笑)」(川村氏)。それでも、原作者・久保ミツロウ氏がオリジナルストーリーを手がけることを快諾したことで、事態は好転。ドラマ版から1年後を舞台に、ニュースサイトのライターとして正社員になった幸世に「第2のモテキ」が到来する姿が描かれている。

この日は、「最初の編集段階では2時間45分くらいあって、捨てがたかったエピソード」を、2人の解説付きで特別に上映した。今作のDVD特典にも付属されているが、大根監督にとっても「大きなスクリーンで見たかった」こだわりの“お蔵入り”映像。なかでも、「ナタリーおっぱい会議」は場内の爆笑を誘った。

大根監督は、「いいシーンでしょう? あって良かったと今でも思いますもん」と納得の面持ち。そして、「いつか“おっぱい会議”を入れたディレクターズカットを作りたい。たいていの監督は、劇場公開されるまでが仕事と思っているでしょうが、僕はユーザーとしての意識の方が高いから、手抜きの特典映像とか腹が立つ。全部自分でやります」と気炎を吐いた。さらに、5月14日に公開される「世界から猫が消えたなら」(佐藤健宮崎あおい出演)の原作者である川村氏に同作のPRをけしかけるなど、客席を盛り上げていた。

さぬき映画祭2016は、2月21日まで開催。

モテキ Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] モテキ Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,851 恋が、攻めてきたッ!かつてない恋愛映画!超進化系☆恋愛エンターテインメント!TVドラマ化もされた『モテキ』が、原作者・久保ミツロウ書き下ろしによるオリジナルストーリーで映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi