「ndjc 2015」合評上映会に若手4監督とキャスト登壇、予告編も完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月20日 > 「ndjc 2015」合評上映会に若手4監督とキャスト登壇、予告編も完成
メニュー

「ndjc 2015」合評上映会に若手4監督とキャスト登壇、予告編も完成

2016年2月20日 16:00

富山省吾スーパーバイザーと4監督たち「罪とバス」

富山省吾スーパーバイザーと4監督たち
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NPO法人映像産業振興機構(VIPO)が実施している文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2015」の合評上映会が2月18日、東京・銀座の丸の内TOEIで開催され、製作実地研修に参加した佐藤快磨ふくだももこ藤井悠輔堀江貴大が舞台挨拶に立った。

2006年度の8作家、07~14年度の各5作家に続き、10回目を迎えた本年度は、4作家が最終課題となる35ミリフィルムによる短編映画(各30分)を制作した。不器用でも人生を前向きに肯定して生きる人たちの物語を描いた「罪とバス」の藤井監督は、キャストの阿部進之介中川可菜と登壇。「すべての出来事を、存在をあるがままに受け入れる、そういったことをこの映画を通して感じてもらえたら」と意図を説明し、自身の中でも手応えがあったようで「次はぜひ長編を撮りたい」と意気込みを語った。

ソニン演じる娘が父の再婚に振り回される話を描いた「父の結婚」のふくだ監督は、「ちょっと変な家族の話、父親が女性の格好をしていたら面白いと思った」とシナリオ執筆の理由を明かし、父役に扮した板尾創路は「もう少し長く見ていたくなったので、長編にできたらいいですね」。“旅とプロレスと結婚”がテーマの「はなくじらちち」の堀江監督は、「35ミリフィルムで撮るのは初めてだったが、プロのスタッフさんたちに支えられて、演出に集中することができた」と述懐。出演した森下能幸黒川芽以は、「(徐々に)素晴らしくなっていった」と称えた。

壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ」の佐藤監督は、「(主演の)太賀さん、岸井ゆきのさんが撮影前に話し合う時間を作ってくれたので、いろいろな角度から主人公たちを見ることが出来た。2人の間の空気、温度、匂いが伝わってきた」と2人に感謝。なお4作品は、3月5日からユーロスペースほかで劇場公開されることが決定し、予告編が完成した。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi