新進女優・宮下かな子、大恩人・本広克行監督へ誓う「いつか恩返しを」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月18日 > 新進女優・宮下かな子、大恩人・本広克行監督へ誓う「いつか恩返しを」
メニュー

新進女優・宮下かな子、大恩人・本広克行監督へ誓う「いつか恩返しを」

2016年2月18日 12:00

さぬき映画祭に参加した女優・宮下かな子「転校生」

さぬき映画祭に参加した女優・宮下かな子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新進女優の宮下かな子が、本広克行監督がディレクターを務める香川の「さぬき映画祭2016」に参加し、連日行われた舞台挨拶でMCに初挑戦した。宮下は、「自分の無知さに悔しくなった。もっと映画のことを勉強しなければいけませんね」と意欲を燃やしている。

都内の女子大学に通う20歳の宮下は、内野聖陽が主演した「罪の余白」へのエキストラ出演がきっかけでスカウトされ、本格的にデビューを果たす。本広監督が平田オリザ氏の戯曲を演出した舞台「転校生」では、約70倍の倍率を勝ち抜き、キャスト21人の中に食い込んだ有望株だ。

宮下は、「転校生」出演を「転機だったと思います」と語り、本広監督に対しては「何でも相談できる大恩人。私は人のことを気にしちゃうタイプなのですが、本広さんにはモヤモヤした気持ちをさらけ出せるし、弱音も吐けてしまうんです」と全幅の信頼を寄せる。同年代の女優たちとの共演は大きな刺激になったようで、「演技経験はゼロに近いし、受かるとは思っていませんでした。役名を頂いたのも初めてでしたし。21人いて私だけ素人みたいですごく焦って、帰り道に泣いたこともありました。でも必死に家で練習をしていたら、本広さんが変化に気づいてくれて。あれは励みになりましたね」とほほ笑む。

さぬき映画祭2016ではMCとして奔走し、夜の懇親会では山田洋次監督、大林宣彦監督、押井守監督、是枝裕和監督、行定勲監督らに挨拶をして回る充実ぶり。宮下に貴重な経験を積まそうと考えた、本広監督の“親心”がうかがえるだけに「声をかけて頂いて本当に嬉しかったんです。いつか本広さんに恩返しがしたいんです」と真摯な眼差(まなざ)しを注ぐ。

大林監督からは「欠点がない」と言われたそうで、「『女優さんは欠点がある方がいい。欠点がないことが君の欠点』とおっしゃって頂きました。やりたくない役にチャレンジしてみることが、変わるきっかけになるんじゃないかな…とも。いつか、女優として映画祭に戻ってきたいです」と、きっぱり言い切る姿からは大いなる可能性が放たれていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi