倉科カナ、実写「珍遊記」で過激セリフ連発「自分でもびっくりしました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月18日 > 倉科カナ、実写「珍遊記」で過激セリフ連発「自分でもびっくりしました」
メニュー

倉科カナ、実写「珍遊記」で過激セリフ連発「自分でもびっくりしました」

2016年2月18日 20:40

劇中で過激なセリフを連発した倉科カナ「珍遊記」

劇中で過激なセリフを連発した倉科カナ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 漫☆画太郎氏の伝説的ギャグ漫画を実写映画化した「珍遊記」の完成披露試写会が2月18日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の松山ケンイチをはじめ共演の倉科カナ溝端淳平、おおかわら(「鬼ヶ島」)、メガホンをとった山口雄大監督が舞台挨拶に立った。

下ネタや不条理ギャグ満載の今作に挑戦した倉科だが、「ただただ脚本が面白く、監督やキャストの皆さんと一緒にお仕事をしてみたい一心でした」とほほ笑む。一方で、劇中で披露する過激なセリフ回しや特殊メイクについては「撮影中は麻痺していて、なんとも思っていませんでした」といい、「撮影後に引いて見てみたら、『私はこんな下品な言葉を言っていたのか』と自分でもびっくりしました」と振り返っていた。

そんな倉科に対し、男性陣は「編集しながら、倉科さんかわいいなと思った」(山口監督)、「現場ではお姫様でした」(おおかわら)と美ぼうを絶賛。しかし、これを受けた倉科は眉をひそめ、「姫の扱いされていなかった。すごい粗末にされていました」と頬をふくらませていた。

坊主頭にパンツ一丁の主人公・太郎役を演じた松山は、原作ファンでもあるそうで「めちゃくちゃな原作ですから、映画として成立するのかも全くわからなかった」と明かし、「山口監督と長編を一緒にやって、面白い世界に行きたいと思っていたので、今回の作品はベスト」とニッコリ。映画オリジナルキャラクターの龍翔役を務めた溝端は、「自由にやらせていただいた。とんでもないクズの役だったので、やっていてすごい楽しかったです」と充実の表情で語った。

また、「地獄甲子園」など画太郎作品の実写化を手がけてきた山口監督は、「画太郎作品の中でも最難関の原作。触れられないと思って避けてきましたが、プロデューサーと話し合いながら形になっていった」と製作の苦労を吐露。それでも、「今まで見たことがない3人(松山、倉科、溝端)の姿が見られると思います」と観客の期待を煽り、「溝端くんはとんでもないことになっています。あとはエンドクレジットの後もまだあるんで、席を立たないでご覧になってください」とアピールに努めていた。

この日の舞台挨拶には、「ドランクドラゴン」の鈴木拓、「鬼ヶ島」のアイアム野田が飛び入り参加した。映画「珍遊記」は、2月27日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi