「アラバマ物語」が舞台化 アーロン・ソーキンが脚本を担当 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月18日 > 「アラバマ物語」が舞台化 アーロン・ソーキンが脚本を担当
メニュー

「アラバマ物語」が舞台化 アーロン・ソーキンが脚本を担当

2016年2月18日 17:00

映画「アラバマ物語」の一場面「アラバマ物語」

映画「アラバマ物語」の一場面
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] グレゴリー・ペック主演の1962年の映画で広く知られる、米女性作家ハーパー・リーの小説「アラバマ物語」がブロードウェイで舞台化され、脚本を「スティーブ・ジョブズ」(公開中)と「ソーシャル・ネットワーク」のオスカー脚本家アーロン・ソーキンが手がけることになった。

アラバマ物語」(原題:「To Kill a Mockingbird」)は、人種差別が色濃く残る米南部アラバマを舞台に、白人女性への暴行容疑で逮捕された黒人青年の事件を担当する弁護士アティカス・フィンチの姿を描く。ペックが具現化したフィンチは、アメリカの良心を象徴するヒーローとして愛されているキャラクターだ。

舞台版は、「スティーブ・ジョブズ」「ソーシャル・ネットワーク」でソーキンと組んだスコット・ルーディンがプロデュース、演出を渡辺謙主演のミュージカル「王様と私」のバートレット・シャーが担当する。キャストは未定。2017~18年シーズンの初演が予定されている。

ソーシャル・ネットワーク[Blu-ray/ブルーレイ] ソーシャル・ネットワーク[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 世界を席巻する若き天才の素顔を、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が暴く!若き億万長者・世界最大のSNS“facebook”のCEO、マーク・ザッカーバーグのサクセス・ストーリー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi