イケメンユニット「BOYS AND MEN」舞台挨拶に気合いの勝負下着で臨む : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月17日 > イケメンユニット「BOYS AND MEN」舞台挨拶に気合いの勝負下着で臨む
メニュー

イケメンユニット「BOYS AND MEN」舞台挨拶に気合いの勝負下着で臨む

2016年2月17日 07:30

舞台挨拶を盛り上げた 「BOYS AND MEN」や高橋メアリージュンら「復讐したい」

舞台挨拶を盛り上げた
「BOYS AND MEN」や高橋メアリージュンら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・山田悠介氏の小説を東海発の11人組イケメンユニット「BOYS AND MEN」の出演で映画化した「復讐したい」の完成披露上映会が2月16日、東京のユナイテッド・シネマ豊洲であり、水野勝小林豊田中俊介勇翔本田剛文田村侑久、吉原雅斗ら同ユニットのメンバーをはじめ、高橋メアリージュン上野優華室賀厚監督が舞台挨拶に立った。

客席に手を振り意気揚々と登場したBOYS AND MENのメンバーは、「今日は勝負下着の真っ赤なパンツを履いて臨んでいます!」(水野)、「僕はスター・ウォーズくらいヒットしてほしいと思い、スター・ウォーズのパンツを履いてきました」(勇翔)と、序盤からフルスロットルのトークを繰り広げた。

映画の舞台は、犯罪者に対して被害者や親族が直接制裁を下すことが許される「復讐法」という法律が制定された2020年の日本。最愛の妻を殺された中学校教師・高橋泰之が復讐法にのっとり犯人に制裁を下そうとする。同じ頃、過激派環境保護団体「アースウィング」のメンバーが無差別テロの犯人として捕まり、被害者たちの親族から狙われる身となる。

BOYS AND MENのメンバーは終始ノリの良いトークで会場を盛り上げていたが、劇中ではメンバーがそれぞれの役に真しに向き合ったといい、高橋は「ボイメン(同グループの略称)としてだけでなく、一役者として頑張っていた」と称賛。室賀監督も、「ボイメンとしての活動もあるなかで大変だったと思う。全員がそれぞれ主役として輝くところがあります」と強く同調した。

これを受け、泰之役の水野は「ひとりの役者としてそれぞれ本気で挑戦した。何かを伝えたいという思いで演じました」と真剣な面持ち。メンバーの役者魂に触れ、客席は声をあげ感心しきっていたが、水野が役に没頭するあまり「撮影裏ではあえて距離をとるメンバーもいました」と明かし、「(泰之の妻を殺した犯人役の)吉原をどうやって殺そうかなと毎日考えていた」と暴露すると、会場は一変して笑いが沸き起こっていた。

復讐したい」は2月27日から中部エリアで先行上映され、3月5日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi