栗山千明、タランティーノとの再タッグに意欲!「キル・ビル3」の企画に「やりたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月15日 > 栗山千明、タランティーノとの再タッグに意欲!「キル・ビル3」の企画に「やりたい」
メニュー

栗山千明、タランティーノとの再タッグに意欲!「キル・ビル3」の企画に「やりたい」

2016年2月15日 20:15

タランティーノ監督の現場を語った種田陽平と栗山千明「ヘイトフル・エイト」

タランティーノ監督の現場を語った種田陽平と栗山千明
[拡大画像]

[映画.com ニュース]クエンティン・タランティーノ監督の最新作「ヘイトフル・エイト」のトークイベントが2月15日、都内で行われ、美術監督の種田陽平、女優の栗山千明、映画ライターの高橋ヨシキ氏が出席。同作や「キル・ビル」2部作で美術を手がけた種田、「キル・ビル」でGOGO夕張役を演じた栗山が、タランティーノ監督の現場を存分に語った。

タランティーノ監督が「俺の最高傑作だ」と自画自賛する第8作。高橋氏が「タランティーノは、10本映画を撮ったら辞めるとよく言っている」と解説すると、種田は「でも、『キル・ビル3』の企画もまだ生きているからね。やりたいって言っていた」と明かす。壇上は大盛り上がりだが、栗山は「GOGO夕張、死んじゃったからな」と苦笑い。それでも「出演してみたい?」と問われると「やりたいです!」と即答し、「監督と会うたびに『千明が英語の勉強をしたら、僕も日本語の勉強をする』と言い合っています。いまだにお互いに上達していないですけど」と告白していた。

さらに栗山は、タランティーノ監督作の現場を「過酷なこともありますが、本当に撮影が楽しいと実感できる」と振り返る。その理由を、「カットがかかって『うーん、もう1回』と言われるんじゃなくて、『良いんだけど、もっと良いものが出るかもしれないから、もう1回!』と言われるんです。そうかもしれない、やろうかなと思えてきます」。これを受けた種田は、「最近はスタイルが変わって、『OK! だけどもう1回!』と言うんです」と説明し、「するとスタッフ全員で、『Because we love making film!』と言わなきゃいけないんですよ(笑)」とタランティーノ組の映画愛の深さを語っていた。

また今作は、70ミリフィルムでの撮影をはじめ、タランティーノの妥協を許さないこだわりが全編を貫いている。種田は「タランティーノ監督は足フェチなんだよね」といい、「今回こだわっていたのは駅馬車から客が降りるシーンで、馬車の踏み台のきしみにこだわっていた。台を踏むキャスト本人の足を使って撮影して、『いいね、いいね』と言っていました」と説明。「キル・ビル」で制服姿だった栗山は、「制服のデザインは早めに完成したんですが、どんな靴で、靴下をどんな色にしようかと熟考していました。結局血がにじむのがわかるように、靴と靴下は白になりました」と懐かしそうに話していた。

ヘイトフル・エイト」は、2月27日から全国で公開。

(映画.com速報)
キル・ビル Vol.1&2<USバージョン> ツインパック[Blu-ray/ブルーレイ] キル・ビル Vol.1&2<USバージョン> ツインパック[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,561 クエンティン・タランティーノ監督・脚本によるバイオレンス・アクション『キル・ビル』2作品がセットになったツインパック!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi