行定勲監督、熊本・菊池映画祭を熱くPR「目標はさぬき!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月14日 > 行定勲監督、熊本・菊池映画祭を熱くPR「目標はさぬき!」
メニュー

行定勲監督、熊本・菊池映画祭を熱くPR「目標はさぬき!」

2016年2月14日 20:25

舞台挨拶に立った行定勲監督(中央)と本広克行 ディレクター、MCを務めた女優・宮下かな子「世界の中心で、愛をさけぶ」

舞台挨拶に立った行定勲監督(中央)と本広克行
ディレクター、MCを務めた女優・宮下かな子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 行定勲監督が2月14日、香川県で開催中の「さぬき映画祭2016」で上映された、興行収入85億円の大ヒット作「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004)の舞台挨拶を、高松・イオンシネマ高松東で行った。

「やっと来て頂けた! 『セカチュー』の上映は、10周年まで待っていたんですよ」と満面の笑みをみせた本広克行ディレクター。この日、行定監督は同県で撮影を行った今作と「春の雪」のロケ地をめぐるツアーを、ファン約40人とめぐっての舞台挨拶登壇。大成功だったと聞いた本広監督は「来年も来てもらおうかな」と、してやったりの面持ちだ。

同作は、片山恭一氏の同名小説を大沢たかお柴咲コウ長澤まさみ森山未來の出演で映画化したもの。高校時代に死別した恋人との思い出を引きずり続ける青年が、過去をたどる旅を経て、現在の恋人とともに生きていこうとする姿を描いている。同作が遺作となった故篠田昇さんが撮影を手がけていることでも知られている。

行定監督は、「当初は配給の東宝から、日帰りができる千葉の銚子で撮ってくれと言われていたんです。映画って面倒くさいことを省くと良いことはない。とにかくロケハンだけでも四国へ行かせてくれって説き伏せた」と撮入前の“攻防”を述懐。そして、「愛媛の伊予がすごく良かったんです。香川はロケハン3日目、撮影の篠田昇さんが『ここに行ってみようぜ』と言ったのが、庵治だった。全てがシナリオにある場面と重なって、本当に素晴らしかったんです」と明かす。

社会現象になった今作について、「ヒットしてビックリした。何でこんなことになっているんだ? と思った」と語る行定監督は、ロケ地・香川での上映に感無量の様子。「ここでやれるということが嬉しい。今回のロケ地ツアーは、僕にとっても大きかった。いろんなことを思い出しましたし、昔の自分に教えられることもありました」と満席の場内に訴えていた。

また、行定監督がスーパーアドバイザーを務める熊本の「菊池映画祭2016」には、本広監督も参加するという。日程は3月4~6日だといい、同県出身の役者だけで製作した新作の中編「うつくしいひと」(橋本愛、姜尚中、高良健吾ら出演)を完成させた行定監督は、「約40分の中編なんですが、結構いい感じのものができた。菊池のみんなは、『目標はさぬき!』と言っていますから」と熱心にアピールすることも忘れていなかった。

(映画.com速報)
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション[DVD] 世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,201 女性を中心に社会現象を起こした片山恭一原作の究極の純愛ストーリーがついに登場。大沢たかお、柴咲コウほか出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ハドソン川の奇跡の評論 ハドソン川の奇跡 機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
  • 高慢と偏見とゾンビの評論 高慢と偏見とゾンビ J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
  • ある天文学者の恋文の評論 ある天文学者の恋文 名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi