母親役演じた田畑智子、理想の家族像は「会話が絶えない家族」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月13日 > 母親役演じた田畑智子、理想の家族像は「会話が絶えない家族」
メニュー

母親役演じた田畑智子、理想の家族像は「会話が絶えない家族」

2016年2月13日 14:40

複雑で温かい“家族”を演じた田畑智子ら「鉄の子」

複雑で温かい“家族”を演じた田畑智子ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース]田畑智子主演の映画「鉄の子」が2月13日、東京、埼玉、愛知の3スクリーンで封切られ、田畑をはじめペ・ジョンミョン、子役の佐藤大志くん、舞優ちゃん、福山功起監督が、東京・角川シネマ新宿で行われた舞台挨拶に出席した。

映画は、親の再婚により同い年のきょうだいとなった小学生・陸太郎と真理子が、「リコンドウメイ」を組んで両親を離婚させようと奮闘する姿を描いた。今作で、子どもを連れて再婚する母親役を演じた田畑は、理想の家族像について聞かれると、「自分の両親がまさに理想の夫婦で、自分の家族が理想の家族」と明かし、「とても会話を大切にしていて、何でも報告したり相談したり、いつも会話が絶えない家族。それが温かいと思う」とほほ笑んだ。

さらに、8日間と短い撮影期間を振り返り「全部が大切なワンシーン」と思い入れの強さをにじませ、「この家族を見て、何か大きな一歩、小さな一歩を踏み出すような映画。皆さんの心に残って温かく見守っていただきたい作品です」とアピールした。

一方、田畑の再婚相手で少し頼りない父親役を演じたペは、「僕はとことんまで自分を甘やかしてくれる、みんなが優しい家族が良いですね(笑)」と役柄通りの返答で会場の笑いを誘っていた。

また、バレンタインデーを翌日に控えたこの日、田畑と舞優ちゃんから男性陣にチョコレートがプレゼントされた。ペは「(もったいなくて)食べられないですね。冷蔵庫に入れておきます」とニッコリ。大きなハートのチョコレートを抱え、照れた様子の大志くんが「重い……」とつぶやくと会場からは笑いが漏れたが、福山監督は「思いが込もっているからね!」とフォローし、田畑と舞優ちゃんに謝辞を述べていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi