日活がゲーム市場に参入、海外展開も視野に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月13日 > 日活がゲーム市場に参入、海外展開も視野に
メニュー

日活がゲーム市場に参入、海外展開も視野に

2016年2月13日 08:00

[映画.com ニュース]日活はこのほど、ゲーム市場に本格参入すると発表した。アクション、バイオレンス、ホラー、コメディなどエンタテインメント性の高い作品を対象にしたレーベル「SUSHI TYPHOON GAMES」を立ち上げ、日本だけでなく海外もターゲットにしたゲームタイトルを製作していく。

第1弾作品は、「刺青の国」に決定。自分の組織を育て、制圧地域を拡大させ、統一を目指す抗争シミュレーションゲーム。和のテイストを重視し、画面全体の構成も「日本」を意識したデザインに仕上げている。

スマホ用、家庭用などのプラットフォームは発表されておらず、現在調整中。リリースは年内を予定しており、マルチ展開ができるよう検討している。ゲーム専門部署の立ち上げなど社内体制の調整は未定だが、現在はライツ営業部が業務を担っている。

なお、同社は海外向けのアクションやバイオレンス映画レーベル「SUSHI TYPHOON」を11年に立ち上げ、山口雄大監督「デッドボール」などを公開した。今回のゲームレーベルはその意志を引き継ぐ。(文化通信)

デッドボール[DVD] デッドボール[DVD] 最安価格: ¥1,523 『地獄甲子園』から9年…あのコンビがさらに過激になって帰ってきた!“全国非行甲子園”を舞台に描かれる、本格野球バイオレンス・スプラッター青春映画!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi