押井監督のアクション美学に本広監督「次作手伝って…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月12日 > 押井監督のアクション美学に本広監督「次作手伝って…」
メニュー

押井監督のアクション美学に本広監督「次作手伝って…」

2016年2月12日 23:00

押井守監督と本広克行監督「東京無国籍少女」

押井守監督と本広克行監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 独自の映像表現で世界を魅了する鬼才・押井守監督が2月12日、さぬき映画祭2016に実写最新作「東京無国籍少女」を携え登場。イオンシネマ高松東での上映終了後、映画祭ディレクターを務める本広克行監督と白熱トークを繰り広げた。同作は押井監督ならではのアクション美学がさえ、思わず本広監督は「僕の次作を手伝ってくれませんか?」と申し出た。

東京無国籍少女」は、女子美術高等専門学校を舞台にしたソリッドサスペンス。心身に傷を負った天才女子高生の憂うつに満ちた日常描写と、衝撃のラスト15分で観客を圧倒。押井監督が「撮影は全部で10日間ほど。アクション約80カットは1日半で撮り切った」と明かすと、本広監督は仰天し「僕の映画でアクション監督をして!」と本気モードに。かねて進行のある2人は、共同企画のプランも練っているという。

女子校に最後は戦車まで登場してしまうストーリーに対し、本広監督は「やりたい放題ですね…」と脱帽するばかり。押井監督は「大体(やりたいこと)やった」としてやったりで、「プロのスタッフを使った自主映画。低予算だったけれど楽しい現場だった。主演の清野菜名には目に殺気があって本当に良かった」と満足げに振り返った。

東京無国籍少女」は、大作の「THE NEXT GENERATION -パトレイバー-」シリーズ、5月公開「ガルム・ウォーズ」などに比べ小規模ながら、押井監督は「日常のちょっと隣に戦争があって、それがにじみ出てくるところを表現したかった」と思い入れ十分。また「やるやると言い続けて、諦めなければいつか撮れる」と言い、今後についても「何本か企画があって、アニメの話もある」と予告していた。

「さぬき映画祭2016」は2月21日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi