岩田剛典、三代目JSB初のドキュメンタリー公開迎え「ひとつのピリオド」と感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月12日 > 岩田剛典、三代目JSB初のドキュメンタリー公開迎え「ひとつのピリオド」と感無量
メニュー

岩田剛典、三代目JSB初のドキュメンタリー公開迎え「ひとつのピリオド」と感無量

2016年2月12日 21:20

思いを明かした岩田剛典「Born in the EXILE 三代目J Soul Brothersの奇跡」

思いを明かした岩田剛典
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ダンス・ボーカルユニット「三代目J Soul Brothers」初のドキュメンタリー映画「Born in the EXILE 三代目J Soul Brothersの奇跡」が2月12日、全国150スクリーンで封切られ、メンバーのNAOTO、小林直己ELLY山下健二郎岩田剛典今市隆二登坂広臣保母浩章監督が東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で初日舞台挨拶に立った。

パフォーマーの岩田は、公開初日を迎え「初めてのドキュメンタリーですが、今の自分たちの等身大の思いやこれからの三代目J Soul Brothersを想像していただけるものになっている。ここがひとつのピリオドだと思っていて、これから先みなさんと楽しいエンタテインメントを作っていきたい」と感無量の面持ち。ボーカルの登坂は「奇跡のようなめぐり合わせで7人がそろって、今活動させてもらっている。ファンのみなさんとめぐり合えたのも一個の奇跡だと思っている。これからも運命や奇跡をたぐり寄せて活動していきたい」と決意を新たにした。

映画は、2014年秋から15年秋の1年間に密着。初の単独ドームツアー「三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2015“BLUE PLANET”」の舞台裏を中心に、7人での活動やそれぞれに活躍の場を広げるメンバーの素顔に迫る。主題歌「Born in the EXILE」は、ボーカルの今市と登坂が共同で作詞を担当しており、同楽曲の制作風景も収められている。ふたりは、「(初の共作に)形になるのかという不安もあったけれど、フタを開けてみると表現は違うけれど同じ思いで嬉しかった。また節目節目でやりたい」(今市)、「この曲はたくさんの方に向けた曲。ファンのみんなに対して届ける曲でもあり、EXILEのメンバーのみなさん、過去の自分たちに向けて書いたところがある。これから進んでいく未来の決意も込めた」(登坂)と感慨深げに語った。

劇中、メンバーのプライベートな姿も収められており、山下は家族とともに出演したシーンがあるそうで「あまり表に出たがらないレアキャラな兄貴も写っている。お袋は少し恥ずかしがっていたけれど、親父は非常に喜んでいて2月9日に還暦を迎えたので、最高の親孝行ができたのかな」とニッコリ。自宅を初公開したELLYは「いつも通りの感じで、郵便屋さんから受け取るところも撮っていた」と述懐。保母監督が「お茶も出なかった(笑)」とこぼすと、「出していなかった(笑)」と会場の笑いを誘った。

舞台挨拶の模様は、全国135館、約4万人のファンにライブビューイングで届けられた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

(自ら買い付けた映画の)上映映画館が決まったときは喜びもひとしお!映画に対...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi