チャールズ・マンソン伝記映画に「アメリカン・サイコ」メアリー・ハロン監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月9日 > チャールズ・マンソン伝記映画に「アメリカン・サイコ」メアリー・ハロン監督
メニュー

チャールズ・マンソン伝記映画に「アメリカン・サイコ」メアリー・ハロン監督

2016年2月9日 19:30

メアリー・ハロン監督「ファミリー」

メアリー・ハロン監督
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カルト指導者チャールズ・マンソン率いるファミリーによる殺人事件と、実行犯だった若い女たちのその後を描く伝記映画「ファミリー(原題)」の監督に、「アメリカン・サイコ」のメアリー・ハロンが決定したと米Deadlineが報じた。

事件は、マンソン・ファミリーが1969年8月8日から9日にかけて、ロサンゼルスのロマン・ポランスキー邸とスーパーマーケットチェーンのオーナー邸で7人を惨殺したもの。被害者のなかには、当時のポランスキー夫人の女優シャロン・テート(妊娠8カ月だった)、ハリウッドの有名ヘアスタイリストのジェイ・セブリングらがいた。

ファミリー」の脚本を手がけるのは、「アメリカン・サイコ」でハロンと共同で脚本を執筆したグィネビア・ターナーで、「アメリカン・サイコ」以来のタッグとなる。

同脚本は、2001年に発表されたカーリーン・フェイスのノンフィクション「The Long Prison Journey of Leslie van Houten: Life Beyond The Cult」と、1971年のエド・サンダースのノンフィクション「ファミリー」を下敷きにしている。前者は、事件当時18歳だった実行犯のひとりで、66歳になった現在も獄中にいるレスリー・バン・ホーテンに取材した記録。映画「ファミリー」は、フェイスの視点で、洗脳されたカルトの女たちがその後、罪を認識するまでを追う内容になるという。

マンソンについてはこれまで、テレビ映画「ヘルター・スケルター(1977)」や「チャールズ・マンソン」(04)、さらに数多くのドキュメンタリーが製作されている。

アメリカン・サイコ-デジタル・レストア・バージョン-[Blu-ray/ブルーレイ] アメリカン・サイコ-デジタル・レストア・バージョン-[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 ブレット・イーストン・エリスの同名小説をもとに、若きエリート証券マンの狂気を描いた異色ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi