家事えもん「残穢」イベントでお掃除テク披露「ライバルはルンバ、目標はダスキン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月8日 > 家事えもん「残穢」イベントでお掃除テク披露「ライバルはルンバ、目標はダスキン」
メニュー

家事えもん「残穢」イベントでお掃除テク披露「ライバルはルンバ、目標はダスキン」

2016年2月8日 20:45

お掃除術で会場を沸かせた “家事えもん”こと松橋周太呂「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」

お掃除術で会場を沸かせた
“家事えもん”こと松橋周太呂
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “家事えもん”ことお笑い芸人の松橋周太呂が2月8日、東京・新宿ピカデリーで行われた映画「残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―」の大ヒット記念イベントに出席した。

掃除能力検定士5級やジュニア洗濯ソムリエなどの資格を持ち、著書「人生の『掃除の時間』をグッと縮める すごい家事」が15万部を売り上げるなど、人気急上昇中の松橋。「ミステリーは好きだけど怖い映画は苦手」と言い、「ミステリー要素もすごくあって、ストーリーに没頭した頃に怖いのが来る。見終わった後、生活のなかで怖くなる。穢れ(けがれ)は残る」と映画をアピールした。

心霊の穢れは落とせなくても、家の汚れは落とせるという松橋は「ライバルはルンバ、目標はダスキンと思っている」と宣言し、映画公式サイトに寄せられた家事の悩みに次々と回答。「結露が原因で窓が汚れる」という悩みには、「食器用洗剤などの中性洗剤のなかに含まれる界面活性剤が水がまとまるのを防いでくれる。(水に)20対1くらいに薄めて拭いた後、から拭きすると1週間くらい水滴が付きにくくなる」と詳細に掃除テクニックを披露した。

さらに、この日のために油で汚してきたという壁紙付きのパネルを取り出し、汚れを分解するというセスキ炭酸ソーダ水を使った掃除を実演。新品同様にきれいになった壁紙に観客から歓声が上がったものの、イベント後の取材では、映画にまったく関係のないキャスティングと進行に困惑した様子で「自分(映画に)出てるのかなと思いました」と苦笑いを浮かべていた。

映画は、竹内結子橋本愛の共演で小野不由美氏の小説を映画化。佐々木蔵之介坂口健太郎滝藤賢一らが脇を固め、中村義洋監督がメガホンをとった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi