【国内映画ランキング】「オデッセイ」Vデビュー、好調「信長協奏曲」は2位、「コードギアス」は9位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月8日 > 【国内映画ランキング】「オデッセイ」Vデビュー、好調「信長協奏曲」は2位、「コードギアス」は9位
メニュー

【国内映画ランキング】「オデッセイ」Vデビュー、好調「信長協奏曲」は2位、「コードギアス」は9位

2016年2月8日 20:20

初登場1位となった「オデッセイ」「オデッセイ」

初登場1位となった「オデッセイ」
(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2月6~7日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。第88回アカデミー賞作品賞ほか7部門にノミネートされているリドリー・スコット監督「オデッセイ」が、初登場首位の好スタートを切った。全国814スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員33万0223人、興収4億9601万2000円を記録した。

これは2012年8月より公開され最終興収18.1億円をあげたスコット監督「プロメテウス」の興収比164.0%。13年12月より公開され最終興収32.3億円をあげた「ゼロ・グラビティ」との興収比では163.8%で、14年11月より公開され最終興収12.5億円だった「インターステラー」の興収比256.4%の成績。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を除けば、宇宙を舞台にした映画では久々の大ヒットと言ってよく、まずは興収30億円前後が期待できる出足となった。

これ以外の新作では、全国36スクリーンで公開されたアニメ「コードギアス 亡国のアキト 最終章『愛シキモノタチヘ』」が、オープニング2日間で動員3万6161人、興収4309万9100円をあげ、初登場9位にランクインした。劇場窓口での先行販売チケットには、アニメ専門店アニメイト限定のグッズが付いたほか、先着来場者には総作画監督・島村秀一描き下ろしのミニ色紙全5種が配布(ランダム)され、特典目当ての観客も数多く詰め掛けた模様。

信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」は引き続き好調を維持して2位。週末2日間で動員30万0952人、興収3億9416万9100円をあげて、累計興収は25億円を突破した。前週初登場2位スタートを切った「さらば あぶない刑事」も踏ん張りを見せて3位にとどまっている。

好調をキープしている「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は4位、「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」は5位を堅守、「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は6位とここにきて順位を一つ上げ底力を見せた。

なお、アニメ「新劇場版『頭文字D』Legend3 夢現」は、惜しくもランクインはならなかったが、12位につけている。

プロメテウス[Blu-ray/ブルーレイ] プロメテウス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 『エイリアン』の原点―。全ての謎が明らかに!リドリー・スコットが挑んだ新たなSF金字塔!!
インターステラー[Blu-ray/ブルーレイ] インターステラー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 地球の寿命が尽きかけていた時代。居住可能な新たな惑星を探すミッションの先導者に、元エンジニアでシングルファザーのクーパーが選ばれる。彼を待っていたのは、想像を絶する未開の宇宙空間だった…。鬼才クリストファー・ノーラン監督が仕掛ける衝撃のSFドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi