アメリカ版「ドラえもん」が逆輸入 本家・水田わさびらが日本語吹き替え : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月7日 > アメリカ版「ドラえもん」が逆輸入 本家・水田わさびらが日本語吹き替え
メニュー

アメリカ版「ドラえもん」が逆輸入 本家・水田わさびらが日本語吹き替え

2016年2月7日 10:00

アメリカ版「ドラえもん」が逆上陸

アメリカ版「ドラえもん」が逆上陸
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国民的アニメ「ドラえもん」のアメリカ版「Doraemon」が、ウォルト・ディズニー・カンパニーの運営するディズニー・チャンネルで日本でも放送されることが決定した。

「Doraemon」は、2014年7月にアメリカ・ディズニーXDで初放送。ドラえもん以外のメインキャラクターの名前がNoby(のび太)、Sue(しずか)、Big G(ジャイアン)、Sneech(スネ夫)に変更されているほか、アメリカならではの文化や習慣を劇中に反映させるなどのローカライズが行われている。

日本での放送では、本家「ドラえもん」でドラえもんを演じる水田わさび、のび太を演じる大原めぐみらオリジナルキャストが吹き替えを務める。

2月1日午前6時30分に初回が放送された。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi