小出恵介&木村文乃、映画「十字架」の中学生役に悪戦苦闘 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月6日 > 小出恵介&木村文乃、映画「十字架」の中学生役に悪戦苦闘
メニュー

小出恵介&木村文乃、映画「十字架」の中学生役に悪戦苦闘

2016年2月6日 15:45

重松清氏の吉川英治文学賞受賞作を映画化「十字架」

重松清氏の吉川英治文学賞受賞作を映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]作家・重松清氏の吉川英治文学賞受賞作を映画化した「十字架」が2月6日、全国11スクリーンで封切られ、主演の小出恵介をはじめ共演の木村文乃富田靖子永瀬正敏小柴亮太、メガホンをとった五十嵐匠監督が東京・有楽町スバル座での舞台挨拶に立った。

いじめを苦に自殺した少年・フジシュンを“見殺しにした”と後悔する主人公・ユウ、自殺した日が自身の誕生日だったサユ、そして同級生や遺族たちが、重い十字架を背負いながら20年間にわたり苦悩する姿を描く。

ユウ役の小出とサユ役の木村は、中学生時代の同役にも挑んでおり、31歳の小出は「中学生の役というのは、もはやハードルを超えて、どういうことかわからなかった」と悪戦苦闘した様子。そして「木村さんも中学生役をやると聞いた時は、共演して同い年くらいの役をやることが多かったので『死ぬなら一緒だ、大丈夫だ』と思った」と明かしたものの、木村から「でも私、小出さんより4歳年下ですからね!」と釘を刺されていた。

一方で五十嵐監督作の「アダン」(2006)で映画デビューを果たした木村は、「監督とお会いするのが、今作が10年ぶりのこと」としみじみ。芸能界引退を考えるほど苦労した時期もあっただけに「五十嵐監督と肩を並べることも、もうないだろうと思っていました」と吐露したが、それでも「10年経ってこうしてまた一緒に舞台挨拶ができること、すごく嬉しく思っています」と笑顔をはじけさせた。

また、フジシュン役を演じきった小柴は、「とてもつらい撮影期間でした。でもいじめのシーンが終わったあとに、いじめてきた子が何も言わずに抱きしめてくれたりした」と振り返り、「苦しい中でも、つらいだけじゃないいろんな体験をさせてもらいました。この映画を、思い出にしていきたいです」と述懐。さらにフジシュンの母役の富田は、「こうして皆と笑って舞台挨拶ができるのなら、たくさん泣いたことも、今となってはいい思い出です」と感無量の面持ちで語っていた。

父役の永瀬は、この日台湾南部で発生した地震に触れ、「僕の大好きな台湾で、地震が起きてしまいました。台湾の映画に2本出させていただいていて、すごくお世話になっています。皆さんにも、この映画の思いが届けばいいと思います。ジャーヨウ(中国語で『頑張れ』の意)、台湾!」と思いの丈を語っていた。

(映画.com速報)
アダン[DVD] アダン[DVD] 最安価格: ¥4,665 監督は「地雷を踏んだらサヨウナラ」「HAZAN」の五十嵐匠、主演は榎木孝明で贈る、孤高の日本画家、田中一村をモデルに彼の生涯をフィクションとして描いた伝記ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • デッドプールの評論 デッドプール 珍ヒーロー爆誕!超過激な“赤の旋風”が、正義の概念をこっぱみじんに破壊する。
  • FAKEの評論 FAKE 「佐村河内守」とは何者?映画の仕掛けた迷路に迷い込む、刺激と驚きの怪作
  • 神様メールの評論 神様メール シリアスなテーマもファンタジックに描く、幸せな驚きに溢れた作品
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

グロービジョン株式会社

アメリカ・ヨーロッパ・アジア全般の海外ドラマ/映画が大好きな方、言葉に興味...

職種(1)制作進行 (2)吹替版・字幕制作アシスタント業務

有限会社ミラクルヴォイス

やる気と体力、想像力のある方を募集しています!

職種(1)映画宣伝パブリシティスタッフ(経験者優遇、未経験者も可)(...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi