中学生ヒップホップグループ「MAGiC BOYZ」、KENZOの“過激な”合コンに赤面 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月6日 > 中学生ヒップホップグループ「MAGiC BOYZ」、KENZOの“過激な”合コンに赤面
メニュー

中学生ヒップホップグループ「MAGiC BOYZ」、KENZOの“過激な”合コンに赤面

2016年2月6日 14:15

緊張しきりの舞台挨拶を乗り越えた「MAGiC BOYZ」(前列)ら「イカれてイル?」

緊張しきりの舞台挨拶を乗り越えた「MAGiC BOYZ」(前列)ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース]中学生5人組のヒップホップグループ「MAGiC BOYZ」が初主演を務めた映画「イカれてイル?」が2月6日、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で封切られ、「MAGiC BOYZ」の中村祐翔(ユウト)、井上東万(トーマ)、高橋楓翔(フウト)、松田琉冬(リュウト)をはじめ共演の北山詩織、「DA PUMP」のKENZO、NIPPS、佐野愛夏竹内道宏監督が舞台挨拶に出席した。

映画は、2015年の東京近郊を舞台に、「数十年後に発掘された過去の映像をつなぎ合わせて製作された」という設定のフェイクドキュメンタリー形式で描かれる。世界一のYouTuberを目指して日々動画をアップする「中二病」の松村楓万は、自らを取材にしやって来た大学生の彩香に淡い恋心を抱き始める。

撮影現場ではKENZOが盛り上げ役だったと言い、今作に出演している女性陣に「『MAGiC BOYZ』の中で誰がタイプかを選んでもらった」というエピソードを暴露。自分を選んでもらうためにアピール合戦をする羽目になったメンバーらは、「過激な合コンみたいだった」と赤面し、初々しさを見せていた。

また、「中二病」にスポットを当てた今作にちなみ、登壇陣は自らの中二病経験を披露することに。慣れない舞台に緊張しきりだったメンバーたちも、この時は笑顔を見せ「難しい漢字を使いたくなる。教科書のワークが全部終わると、“社会制覇”“数学制覇”って書いていました」(松田)、「僕は風を操れる。『風くーん!』って言うと来てくれる。でも最近風くんとはケンカしているんです」(井上)と独自の世界観を爆発させ、会場の笑いを誘っていた。

最後に竹内監督は、「『MAGiC BOYZ』は元気いっぱいで、思っていた以上に現場で明るくて、カットがかかるときは別の部屋からの笑い声でカットみたいな感じだった。現場が盛り上がって楽しかったので、映像に反映されていたらなと思います」とアピールに務めていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi