「無伴奏」予告編公開 non-noモデルの遠藤新菜、斎藤工とのラブシーン語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月4日 > 「無伴奏」予告編公開 non-noモデルの遠藤新菜、斎藤工とのラブシーン語る
メニュー

「無伴奏」予告編公開 non-noモデルの遠藤新菜、斎藤工とのラブシーン語る

2016年2月4日 12:00

ラブシーンを演じた斎藤工と遠藤新菜「無伴奏」

ラブシーンを演じた斎藤工と遠藤新菜
(c)2015 「無伴奏」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を矢崎仁司監督が成海璃子池松壮亮斎藤工で映画化する映画「無伴奏」の予告編が公開された。本映像で、斎藤工演じる祐之介の恋人・エマに扮したnon-noモデルの遠藤新菜の姿がお披露目された。

斎藤は、初のラブシーンに臨んだ遠藤の女優としての意気込みを「新菜さんが“体当たり”と言われているのは彼女の覚悟や心、内面的なものであるべきです。矢崎監督に負けじと私は近い距離でその迷いの無い強い覚悟を感じていたからです。作品や監督の目的を身を持って体現するのが我々役者の責務ですがやはり男女の違いはあります。当人にとってではなく周りの受け止め方が違います。日本人特有の”脱ぐ脱がない”の幼稚な基準では無く、矢崎監督が映し出した彼女のエマの美しさ、新菜さんの心を多くの方に感じて欲しいと祐之介として強く思います」と賞賛。

遠藤は「工さんは、キスシーンとかも決め込んでこなく、先輩だけれど、『こうしよう』とか『こう行くからこう来て』ということを何も言わないで、その場の感覚で全部やるというのがすごく有り難かったです。私が脱いでいて工さんがくっついている濡れ場のシーンでカットがかかった時も、衣装さんとかが毛布を持って来てくださるまでずっとそのままで待っていくださいました」と撮影を振り返り、「カットがかかってパッて離してくださってもいいけれど、その方が私がトップが見えたままで待つから恥ずかしいとわかって、ずーっとぎゅっとしたまま『もうちょっともうちょっと』『毛布持ってきて』って言って毛布をかけてから離れてくれる。そういう配慮がさすがだなって思いました。祐之介役が工さんで本当に良かったって純粋に思います」と斎藤の真摯な心遣いに感激している。

学園紛争がぼっ発した時代に生きる若者たちの恋愛を描いた作品で、成海が、女としての性に目覚めていく女子高生・野間響子に扮し、新境地を開拓。さらに池松は響子が恋焦がれる大学生・堂本渉役、斎藤は渉の友人・関祐之介役をそれぞれ演じている。

日本中の学生たちが学生運動を起こしていた、1969年の仙台。同級生とともに学園紛争を行っていた響子は、クラシック音楽が流れる喫茶店「無伴奏」で、渉と祐之介に出会う。響子はパッヘルベルの「カノン」をリクエストする渉にひかれ、やがてどうすることもできない強い衝動に突き動かされていく。

無伴奏」は3月26日から新宿シネマカリテほか全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

(自ら買い付けた映画の)上映映画館が決まったときは喜びもひとしお!映画に対...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi