桐谷健太、バースデーサプライズされるも「台本に書いてあった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月4日 > 桐谷健太、バースデーサプライズされるも「台本に書いてあった」
メニュー

桐谷健太、バースデーサプライズされるも「台本に書いてあった」

2016年2月4日 20:20

36歳の誕生日を迎えた桐谷健太(右から2人目)

36歳の誕生日を迎えた桐谷健太(右から2人目)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 椎名桔平桐谷健太が共演し、波多野聖氏の経済小説を実写化したWOWOWの連続ドラマW「メガバンク最終決戦」の第1話完成披露試写会が2月4日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、椎名、桐谷をはじめ、緒川たまき音月桂石橋凌が出席した。

この日は、桐谷の36歳の誕生日だったため、サプライズでバースデケーキが用意された。司会の合図でバースデソングが会場に響き渡ると、桐谷は「え!? まさか!」と大きく体をのけぞらせて驚いてみせたが、「台本を読んだ時に『サプライズケーキ』って書いてあったので、これはと思っていた」と白状。しかし、客席が一斉にクラッカーを鳴らすと「ただの俺の誕生日パーティみたいになってる」と恐縮しながらも、「これは知らんかった!」と笑顔をはじけさせた。

日本国債の暴落で一夜にして巨大な負債を抱え、機能不全に陥ったメガバンク・東西帝都EFG銀行を舞台に、凄腕ディーラーでもある専務・桂光義が総務部員の二瓶正平とタッグを組み、会社存続をかけた買収合戦に挑む。連続ドラマW初主演の椎名は、「『連続ドラマW』は難しい企画や題材に果敢にチャレンジしている印象。クオリティの高い作品を作られているので、一度飛び込んでみたいと思っていた矢先のオファーだった」と告白。そのうえで、「これから第1話をご覧になる皆さんの評価を待っている状態なので、今が最終決戦。お手柔らかにお願いします」と熱心に呼びかけたが、気合いが入りすぎてネタバレしてしまい、共演陣から一斉にツッコまれていた。

一方の桐谷も、「僕はなかなかこういった社会派の作品に出ることはありませんが、本作は男たちのドラマ、それを支える女性たちのドラマもあって、エンタテインメント作品としても完成されています」と強調。すると、椎名と石橋は「まだ見てないって言ってたじゃん」と指摘。苦笑いの桐谷は、「演じていてそう感じたんです」とタジタジだった。連続ドラマW「メガバンク最終決戦」は2月14日午後10時からWOWOWで放送開始。全6話で、第1話は無料放送。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi