世紀の対決はここから始まる!バットマン×スーパーマンが“表の顔”で対面 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月2日 > 世紀の対決はここから始まる!バットマン×スーパーマンが“表の顔”で対面
メニュー

世紀の対決はここから始まる!バットマン×スーパーマンが“表の顔”で対面

2016年2月2日 10:00

2大ヒーローの激突を描く「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

2大ヒーローの激突を描く「バットマン vs
スーパーマン ジャスティスの誕生」
(c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND
RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] DCコミックスの2大ヒーローがスクリーンで“世紀の対決”を果たす、エンタテインメント超大作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の最新予告編が公開された。バットマンとスーパーマンがそれぞれの“表の顔”、資産家のプレイボーイ、ブルース・ウェインと、生真面目な新聞記者クラーク・ケントとして対面を果たす場面が明らかになった。

映像は、華やかなパーティ会場でクラークがブルースに話しかける場面でスタート。周囲の人々に危害が及ばないよう正体をひた隠しにしながら、孤独に戦い続けてきた2人だが、ヒーローとしての存在は互いに認識している。クラークは恐怖で悪を支配するバットマンを批判するが、ブルースは巨大すぎる力を有するスーパーマンの肩を持っているとクラークを責め、出会ったばかりの2人が“正義”の在り方をめぐりすれ違う様子が見て取れる。2人の正体を知っているかのように振舞うレックス・ルーサーや、最後に登場する謎の生物からも目を離すことができない。

大企業ウェイン・インダストリーを率いる大富豪ブルース・ウェイン/バットマンをベン・アフレック、デイリー・プラネット社の新聞記者クラーク・ケント/スーパーマンをヘンリー・カビルが演じるほか、レックス・ルーサー役でジェシー・アイゼンバーグが共演。“正義の象徴”スーパーマンがなぜ悪に染まってしまうのか、人類の希望を背負ったバットマンは、“地球最強の男”スーパーマンを止められるのか。「マン・オブ・スティール」に続きザック・スナイダー監督のメガホンで描く。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は、3月25日に日米同時公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • メッセージの評論 メッセージ SF映画の概念を覆し深遠な問いかけをもたらす、鬼才監督の仕掛ける映画的体験
  • 夜に生きるの評論 夜に生きる おかずは詰め込みすぎだが背景描写に捨てがたい味が
  • 夜明け告げるルーのうたの評論 夜明け告げるルーのうた 日本アニメ屈指の異才の、驚きに満ちた王道青春ファンタジー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi