伊藤計劃「虐殺器官」を「オールド・ボーイ」パク・チャヌク監督が実写映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月2日 > 伊藤計劃「虐殺器官」を「オールド・ボーイ」パク・チャヌク監督が実写映画化
メニュー

伊藤計劃「虐殺器官」を「オールド・ボーイ」パク・チャヌク監督が実写映画化

2016年2月2日 12:00

制作中のアニメ映画「虐殺器官」の一場面「虐殺器官」

制作中のアニメ映画「虐殺器官」の一場面
(C)Project Itoh/GENOCIDAL ORGAN
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2009年に34歳の若さで病没した夭折のSF作家、伊藤計劃氏の07年の長編デビュー作「虐殺器官(英題:Genocidal Organ)」がアメリカで実写映画化され、「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」の“復讐3部作”で知られる韓国の鬼才パク・チャヌク監督がメガホンをとると米Tracking Boardが報じた。

虐殺器官」は内戦や大規模虐殺で揺れる世界を舞台に、米情報軍のシェパード大尉が、ジョン・ポールという名の男の行く先々で大量殺戮が起きていることに気づき、人間に備わるという虐殺を司る器官の謎に迫るという物語。

虐殺器官」の実写映画化は、コーエン兄弟の「ディボース・ショウ」や今年公開予定のリチャード・リンクレイター監督作「エブリバディ・ウォンツ・サム(原題)」の製作総指揮にあたったショーン・ダニエルがプロデュースを務める。現時点ではこれ以上の詳細は不明。

なお、「虐殺器官」は日本国内でアニメ映画化が決定し、昨秋の公開が予定されていたが、制作会社マングローブの経営破綻により公開が延期。現在、新会社のもとで本年中の完成を目指して進められている。

(映画.com速報)
オールド・ボーイ コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] オールド・ボーイ コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 第57回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した、チェ・ミンシク主演によるアクション・ムービー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ

株式会社ツイン

映画をヒットさせる仕掛け人募集!

職種宣伝プロデューサー

株式会社AWAKE

好きを仕事に出来るチャンスです!一緒に感動を作りましょう!

職種映画WEB宣伝パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi