古川雄輝、同性との妖艶シーンに平然 野村周平からは「あんなことしてたのに」とツッコミ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月1日 > 古川雄輝、同性との妖艶シーンに平然 野村周平からは「あんなことしてたのに」とツッコミ
メニュー

古川雄輝、同性との妖艶シーンに平然 野村周平からは「あんなことしてたのに」とツッコミ

2016年2月1日 21:35

ラブシーンにも余裕の笑みを見せた古川雄輝ら「ライチ☆光クラブ」

ラブシーンにも余裕の笑みを見せた古川雄輝ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 野村周平×古川雄輝共演で、古屋兎丸氏のロングセラーコミックを実写映画化した「ライチ☆光クラブ」のプレミア上映会が2月1日、東京・新宿バルト9で行われ、野村と古川をはじめ中条あやみ間宮祥太朗池田純矢松田凌戸塚純貴柾木玲弥藤原季節岡山天音内藤瑛亮監督がそろって舞台挨拶に出席した。

今作で間宮祥太朗との妖艶なシーンを演じ、周囲からはやし立てられた古川は「本人としてはそんなにやばくない」と平然。野村から「あんなことやこんなこと、してたのに?」とツッコミを入れられたが、「撮影ですから。僕はラブシーンをいろいろやっていて、それが同性になっただけ」と笑顔で“大人の対応”を見せた。これに間宮は「古川くんの本心を知って大変残念」と肩を落としたものの、「あのシーンはあまり話し合いもせず、その場で生まれた生々しいシーンになっている」とアピールして観客の期待をあおっていた。

また、極寒の最中での撮影は困難を極めたというが、野村と古川は「きつい撮影がないといい作品ができないと思った」(野村)、「体への負担はあったが、ゼラは本当に演じたいと思っていた役のひとつ」(古川)と作品愛を見せた。一方、仕事のためロケ地に宿泊できなかった池田は「夜通し撮影して日中は東京に戻った。皆が楽しそうにホテルの部屋で酒盛りしているのが羨ましかった。あと特殊メイクが……」とぼやき節。それを聞いた野村は、「そんな文句あるなら出なきゃよかったじゃん! 心外だよ、俺は! ひどい!」と大げさにリアクションして会場の笑いを誘っていた。

ライチ☆光クラブ」は、幻の劇団「東京グランギニョル」の舞台劇を漫画化した人気作品を、「先生を流産させる会」の内藤監督が実写映画化した。2月13日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi