アマゾンとNetflixがサンダンス映画祭で存在感 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月1日 > アマゾンとNetflixがサンダンス映画祭で存在感
メニュー

アマゾンとNetflixがサンダンス映画祭で存在感

2016年2月1日 17:00

世界最大のインディペンデント映画の祭典 にもストリーミング会社の作品が席巻中「Love & Friendship」

世界最大のインディペンデント映画の祭典
にもストリーミング会社の作品が席巻中
Photo by Scott Halleran/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ユタ州が会場となるサンダンス映画祭で、アマゾンやNetflixといったストリーミング会社が存在感を強めていると、Mashableが報じた。

世界最大のインディペンデント映画の祭典として知られる同映画祭は、次のヒット映画の獲得を狙う配給会社が買い付けを行う場所としても知られている。「トランスペアレント」や「モーツァルト・イン・ジャングル」などのオリジナルドラマで成功を収めているアマゾン・スタジオは、ケイト・ベッキンセールクロエ・セビニー共演の「Love & Friendship」のストリーミング権を獲得。同作はジェーン・オースティンの短編小説「レディ・スーザン」の映画化で、「ラスト・デイズ・オブ・ディスコ」のホイット・スティルマン監督がメガホンをとっている。劇場配給はロードサイド・アトラクションが行う。

また、Netflixもサンダンス映画祭出品作「Talulah」を獲得。無責任な母親から赤ん坊を誘拐する女性(エレン・ペイジ)のを主人公にした物語で、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」の脚本家シアン・ヘダーが監督。ただし、Netflixが獲得したのは全世界のストリーミング権のみで、劇場配給権はまだ決まっていない。

Netflixは昨年、初のオリジナル映画「ビースト・オブ・ノー・ネイション」(キャリー・フクナガ監督)の劇場公開をストリーミング配信と同日に行うという大胆な戦略を採用したが、配給会社ブリーカーストリートが担当した興行では大失敗している。今度は別の配給パートナーと、新たなリリース計画を練るものとみられている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi