風間俊介&松岡茉優、息ぴったりの“夫婦漫才”にファン大喜び : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月30日 > 風間俊介&松岡茉優、息ぴったりの“夫婦漫才”にファン大喜び
メニュー

風間俊介&松岡茉優、息ぴったりの“夫婦漫才”にファン大喜び

2016年1月30日 14:52

舞台挨拶に立った松岡茉優「猫なんかよんでもこない。」

舞台挨拶に立った松岡茉優
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 風間俊介の約5年ぶりとなる主演作「猫なんかよんでもこない。」が1月30日、全国74スクリーンで封切られた。風間と共演のつるの剛士松岡茉優山本透監督、原作者の杉作氏は、東京・TOHOシネマズ新宿での舞台挨拶に臨んだ。

風間は、2014年秋の撮影を振り返り「こんなにたくさんの方が見に来てくれて、ついに公開するんだなという気持ち」と感慨無量の面持ち。そんな“座長”に、ヒロイン役の松岡は「猫ちゃんに関わったことがない人生でしたが、風間さんがいろいろ教えてくれた。『心臓の音に合わせてトントンしてあげると安心するよ』とか。猫もすごいけど、尊敬する風間俊介氏もすごい!」と最敬礼だ。

しかし、そんな松岡に対し風間は「今日の運気が『人をほめるとアップする』らしいじゃない?」とツッコミ。また、今作の主題歌「Morning sun」を担当した人気ガールズバンド「SCANDAL」の4人(HARUNA、MAMI、TOMOMI、RINA)がサプライズで登壇すると、「日曜の午前中というか、自然になれる幸せで無防備な時間みたいな曲で、映画にぴったり。ヒロイン的なところがSCANDALさんかな」とほほ笑んだ。

これに即座に反応したのは松岡で、「おーい! ここにいるやん、ヒロイン! 一緒に番宣してきましたやーん!」と苦笑い。一連の“夫婦漫才”が客席から好評だったことに気を良くしたのか、笑みを浮かべながら「犬派でしたが、猫ってなんてかわいいんだろう。かわいい猫ちゃんを飼ってみたいです」と語ると、風間&つるのは「顔に嘘って書いてある。おまえ、もっと芝居うまいだろ!」とあきれ顔だった。

同作は、元プロボクサーの杉作氏の実体験に基づく人気コミックの実写映画化。目のケガでプロボクサーの夢を絶たれた主人公のミツオが、家に転がり込んできた2匹の捨て猫“チン”と“クロ”の面倒を見るようになり、次第に生きる希望を見出していく姿を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi