井上真央、野田秀樹演出「逆鱗」で新境地開拓!松たか子、瑛太らの熱演にも注目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月29日 > 井上真央、野田秀樹演出「逆鱗」で新境地開拓!松たか子、瑛太らの熱演にも注目
メニュー

井上真央、野田秀樹演出「逆鱗」で新境地開拓!松たか子、瑛太らの熱演にも注目

2016年1月29日 07:00

熱演を披露した井上真央と瑛太

熱演を披露した井上真央と瑛太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 野田秀樹作・演出の舞台「逆鱗」が、1月29日に初日を迎える。28日には東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで公開ゲネプロが行われ、松たか子瑛太井上真央阿部サダヲ満島真之介らが熱のこもった演技を披露した。

野田が設立した「NODA MAP」の第20回公演となる今作は、人魚と人間の出会いがテーマ。沈没船の窓際で交わした約束を果たすため、人間のふりをして地上に現れた人魚が海中水族館の「人魚ショー」に迷い込み、“人魚のふりをした人間”と出会う。そして物語は、深夜の海中水族館に運び込まれてきた「あるモノ」とともに、深い海の底へと潜っていく……。

「パイパー」以来、約7年ぶり4度目の野田作品となる松のひとり語りから始まる舞台は、息をつく暇を与えないほどリズミカルに進み、軽妙なタッチの会話劇も盛り込みながら怒とうの展開をみせる。なかでも、「MIWA」から2作連続で野田とタッグを組み、人魚学の研究者・鵜飼ザコ役に息吹を注ぎ込んだ井上の充実ぶりに目を見張る。


画像2

[拡大画像]

天真爛漫な役どころを嬉々とした表情で演じ、ステージをところ狭しと走り回る。瑛太扮する電報配達人のモガリ・サマヨウを誘惑し、減圧室に閉じ込めてしまうくだりは、井上にとって新境地開拓といっても過言ではない。また、物語の中盤から終盤にかけて発揮した松、瑛太、阿部の集中力は秀逸で、見る者をクライマックスまで引き付けて止まない。

東京公演は同劇場で3月13日まで。その後、シアターBRAVA!での大阪公演は3月18~27日、北九州芸術劇場大ホールでの北九州公演は3月31日~4月3日に開催。前売り券はすべて完売しているが、当日券販売はある。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi