「アメスパ」A・ガーフィールド、父親役で新境地開く!「ドリーム ホーム」インタビュー映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月29日 > 「アメスパ」A・ガーフィールド、父親役で新境地開く!「ドリーム ホーム」インタビュー映像公開
メニュー

「アメスパ」A・ガーフィールド、父親役で新境地開く!「ドリーム ホーム」インタビュー映像公開

2016年1月29日 19:30

のし上がっていくシングルファーザーを演じた アンドリュー・ガーフィールド(写真左)「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」

のし上がっていくシングルファーザーを演じた
アンドリュー・ガーフィールド(写真左)
Copyright (C)2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 不動産業界の闇を描く社会派サスペンス「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」の特別映像が公開された。一夜にして“ホームレス”になる親子を演じた「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのアンドリュー・ガーフィールドと「わたしに会うまでの1600キロ」(14)のローラ・ダーンのインタビューを収める。

シングルファーザーのデニス・ナッシュ(ガーフィールド)は、住宅ローンの支払いが滞り、母リン(ダーン)と息子と共に自宅から強制退去させられる。日雇い労働者のナッシュは、苦悩の末に自分たちを追い出した不動産ブローカーのリック・カーバー(マイケル・シャノン)の元で働き始め、不動産業の真実を目の当たりにしていく。

ガーフィールドは、ナッシュが金のために憎きカーバーの下で働くことを「生き残りと愛をかけて戦っている感覚」と語り「名声や富のためでも、誘惑に負けたからでもない」とナッシュの心理を考察。「確かに、働いているうちに心境の変化はある。どんどん上り詰めることに快感を覚えはじめる。『自分がシステムの頂点に立てる日が来るのかもしれない。そうすれば同じ境遇の仲間を助けられるかもしれない』(とね)。デニスにとって、自己犠牲のようなものだ」。本作では父親役に挑戦しているが「彼は大嫌いなやつの下で働くことさえいとわない。息子と母親を守るためなら何でもする」と家族への愛の深さこそがナッシュの原動力だと話す。

対するダーンも「愛する人が苦しんでいて、彼らを救うためだったら? なんでもするでしょうね」と同調。「本作は多くの問いを投げかけるけど、答えはない。善悪を判断しないし、答えを提示しない。それが本作の魅力だと思う」と自身の考えを語っている。

ドリーム ホーム 99%を操る男たち」は、ノーベル経済学賞受賞者ジョセフ・E・スティグリッツの著書「世界の99%を貧困にする経済」から着想を得た物語が展開。シャノンが第41回LA映画批評家協会賞助演男優賞を受賞したほか、第73回ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされた。1月30日から全国公開。

わたしに会うまでの1600キロ[Blu-ray/ブルーレイ] わたしに会うまでの1600キロ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,002 人生の再出発のため1600キロに及ぶパシフィッククレストレイルを踏破した実在の女性シェリル・ストレイドの自叙伝を、オスカー女優のリース・ウィザースプーンが製作・主演、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督がメガホンをとって映画化したドラマ。
アメイジング・スパイダーマンTM アメイジング BOX[Blu-ray/ブルーレイ] アメイジング・スパイダーマンTM アメイジング BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,652 世界的に大ヒットしたキャラクターを、装い新たに再映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi